難病

ページID: 5058

お知らせ

令和3年7月1日から12月28日まで特定医療費(指定難病)受給者証の更新時期となっております。

詳しくは大阪府から更新の案内が送付されておりますので、ご確認ください。

また、下記リンク『特定医療費(指定難病)支給認定申請の概要(大阪府ホームページ)』もご参照ください。

なお、申請書類の「臨床調査個人票」につきましては、指定医が6か月以内に作成したものとなりますので、御自身で記入せず、医療機関へ御相談ください。

特定医療費(指定難病)支給認定申請の概要(大阪府ホームページ)

受給者証の有効期間延長について

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、令和2年3月1日から令和3年2月28日の間に有効期間が満了する受給者証については、有効期間を1年間延長することが決定しました。

有効期間の満了日が令和2年12月31日の受給者証については、令和3年12月31日まで使用することができます(有効期間を延長した受給者証は原則発行はありません。ご注意ください)。
有効期間延長に伴う更新手続きは不要となりますので、臨床調査個人票等を取得していただく必要はありません。

但し、加入されている医療保険や住所、自己負担額等に変更がある場合は、変更の申請(届)が必要となりますので、ご留意ください。

特定医療費(指定難病)医療費助成の申請について

いわゆる難病とは、

  1. 希少性、
  2. 原因不明、
  3. 治療法未確立、
  4. 生活への長期的支障

という4つの要件を満たすものを言います。これらのうち、厚生労働省が指定する指定難病と診断された方への医療費の助成を行っています。この制度は、保険診療による治療費の自己負担の一部を公費負担するものであり、疾病によって認定基準が設けられていますので、申請前に必ず主治医にご相談ください。

申請の受付について

保健所すこやかステーションでの受付

午前9時から午後5時30分まで(土曜日・日曜日・祝日・年末年始は除く)

郵送での受付

随時受付(消印日が受付日となります)

書類紛失の恐れがないよう、郵便局の窓口で簡易書留でお送りください。普通郵便等で送られた書類の紛失につきましては責任を負いかねますので、ご了承ください。

申請等の詳細につきましては、下記のサイトをご覧ください。

難病患者の療養に関する相談

難病患者、家族の方に対し、保健師やその他の専門職が療養上の相談を行っています。

〈主な相談内容〉

  • 病気や症状について相談したい
  • 症状により生活で困っている(お風呂に入れない、外に出られないなど)
  • 食べやすい食事や、病気に合わせた食事について知りたい
  • 利用できるサービスや制度を知りたい
  • リハビリを受けたいがどうしたらいいのか分からない
  • 災害への備えについて相談したい
  • 病気の治療や療養と、仕事との両立が難しい

など、お困りなことがありましたら、お気軽にご相談ください。

また、コミュニケーション支援を含めたリハビリについては、専門職との訪問による個別の相談対応も行っています。

難病に関する情報提供

患者会や講演会、各種相談会、医療機関の情報など、患者様やご家族、関係者向けの情報を提供しています。

災害への備えについて

近年、大きな災害が相次いでおり、寝屋川市でも停電や床下浸水などの被害が出ています。災害時には、交通機関や病院の機能がストップしてしまうことが予想されます。難病患者さんの中には避難に時間を要したり、薬や医療機器などの必需品が多い方もおられ、ひとりひとりに充分な災害対策が必要です。

「もしも」の時のために、日頃から備えておきませんか。

〈災害に関する情報チラシ〉

〈マイ・タイムライン〉

「マイ・タイムライン」とは、風水害の発生にそなえて、一人ひとりに合わせて作成できる自分自身の避難計画ツールのことです。この機会に、自分だけの避難計画を考えてみませんか。保健師がお手伝いすることもできますので、ご相談ください。

〈在宅高度医療を受けている難病患者の災害対策に関する調査〉

令和2年度、在宅高度医療を受けている難病患者さまの災害への備えと課題を明らかにし、自助力を高めることや、共助及び公助のあり方を検討するためにアンケート調査を実施しました。

今後、在宅高度医療患者さまの災害時の避難計画や備えに関する支援、周囲の人や地域の人への啓発活動に取り組みます。また、関係機関等へ皆さまのご意見をお伝えし、連携・協力して災害対策が進められるよう取り組んでいきます。

アンケート調査にご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

その他難病に関する情報

原爆被爆者の医療等

大阪府では、原爆被爆者に対し、被爆者援護法に基づく健康診断の実施、医療の給付、各種手当の支給等を実施しています。

詳細につきましては、下記のサイトをご覧ください。

石綿(アスベスト)健康被害救済制度

石綿健康被害救済制度とは、石綿(アスベスト)による健康被害を受けられた方及びそのご遺族で、労災補償等の対象とならない方に対して、救済給付の支給を行う制度で、独立行政法人環境再生保全機構が実施しています。

この制度の対象となる病気(指定疾病)は、アスベストによる中皮腫と肺がんです。現在これらの病気にかかられている方、これらの病気でお亡くなりになった方のご遺族が認定の申請や給付の請求をすることができます。

石綿(アスベスト)健康被害救済制度の詳細につきましては、下記のサイトをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

保健予防課(難病担当)
〒572-8533
大阪府寝屋川市池田西町28番22号(保健所すこやかステーション)
電話:072-812-2361
ファックス:072-812-2116
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2021年07月21日