現在の位置

要支援者の機能を改善!通所型サービス(短期集中)について

通所型サービス(短期集中)事業所一覧(R3.6.1現在)(PDF:328.4KB)

通所型サービス(短期集中)とは

目的

・ 心身の機能が衰えていく大きな要因として、活動量の低下(生活不活発病や廃用症候群などといいます。)が挙げられます。

・ 病気やケガで入院するなど、活動量が低下することで衰えた機能は、再び活動量を増加させることで元に戻ります。

・ 通所型サービス(短期集中)では、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士、管理栄養士等の専門職が、利用される方の個別の状況を踏まえ、社会参加の促進(活動量の増加)に向けたアドバイスを行います。

・ そうしたアドバイスを受け、自ら活動量の増加を意識した生活を送ることで「元の生活」を取り戻すことを目指します。

 

いつだれが利用できるのか

介護保険の要支援認定(要支援1又は2)を受けた人が、原則3か月間、利用することができます。

 

どこで利用できるのか

寝屋川市から指定を受けた事業所を利用することができます。

事業所の送迎車で、自宅から事業所まで送迎サービスを受けることもできます。

※ 本ページ上部の事業所一覧をご覧ください。

 

どのようにすれば利用できるのか

介護予防サービス・支援計画に基づいて利用する必要があります。

計画の作成については、担当圏域の地域包括支援センターにご相談ください。

 

利用料金はいくらかかるのか

・ 12回(3か月)まで無料で利用することができます。

・ 3か月利用後、継続して利用を要する場合は、最長3か月間延長することができ、その場合、1回1,000円で利用することができます。

 

介護保険の総合事業(モデル事業)における実証事業

(参考)令和元年9月号市広報誌【介護予防特集】(一部抜粋)(PDF:1.5MB)

地域包括支援センター(高齢者の総合相談窓口)

お問い合わせ
高齢介護室
〒572-8566
大阪府寝屋川市池田西町24番5号(池の里市民交流センター内)
電話:072-824-1181(代表)
ファックス:072-838-0102
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2021年5月20日