一部負担金の減免等について

ページID: 2525

下記のような、災害等の特別な事情により、医療機関へ支払う一部負担金の支払いが困難になったと認められる場合は、市民サービス部国民健康保険担当への申請によって一部負担金の減免等をする制度があります。

  1. 震災、風水害、火災その他これらに類する災害により被保険者の属する世帯の世帯主又は主たる生計維持者(以下「世帯主等」という。)が死亡し、障害者となり、又は居住する住宅又は主として生活に必要な家財等の財産につき著しい損害を受けたとき。
  2. 事業又は業務の休廃止、失業等により収入が世帯主等の収入が著しく減少したとき。
  3. 上記1.2に揚げるもののほか、市長が特に必要と認めたとき。

 (寝屋川市国民健康保険条例施行規則(平成30年4月1日規則第20号)より抜粋)

減免等が認められるのは、一定の基準(例:収入の状況、入院治療であること等)を満たす必要があります。

詳しくは市民サービス部国民健康保険担当までお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

国民健康保険担当
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号(市役所本館1階)
国民健康保険事業の予算、決算、制度改正など
電話:072-825-2238
国民健康保険の加入、脱退、給付など
電話:072-813-1182
ファックス:072-825-2170
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2021年07月01日