新生児聴覚検査

ページID: 5243

新生児聴覚検査は、生まれてすぐの赤ちゃんに聴覚の確認を行う検査です。

この検査(自動ABR・OAE)の費用を助成します。

この検査を受けることで、聴覚障害を早期に発見することができます。適切な支援・療育につながることで、ことばやこころの発達等への影響を最小限に抑えられることが期待できます。

通常、出産した医療機関などで入院中に行われます。

妊娠届出時に受検票をお渡しします。

対象者

  1.  検査の日に市の住民基本台帳に記載されていること
  2.  生後28日未満の赤ちゃん

平成31年4月1日から令和元年9月30日生まれの赤ちゃんは、検査費用を助成します(申請要・上限あり)。

実施機関

府内の医療機関・助産所で受検票が使用できます

助成額

  1.  自動ABR 上限 6,700円
  2.  OAE 上限 3,000円

この金額を下回る場合は実際にかかった費用

助成申請対象者

  1.  令和元年10月1日生まれ以降で大阪府外の医療機関等で受検された赤ちゃん
  2.  平成31年4月1日から令和元年9月30日生まれで受検された赤ちゃん
  •  健康保険で検査を受検された赤ちゃんは対象外です。
  •  申請期間は受検されてから2年以内です。

助成申請について

助成申請に必要なもの

  1.  寝屋川市新生児聴覚検査受検票(空色の用紙)
     令和元年10月1日以降に出生された赤ちゃん
  2.  領収書や明細書等(検査に要した費用が記載された書類等)
  3.  母子健康手帳
  4.  振込先がわかるもの

書類が不足の場合は、手続きできません

助成申請場所と受付時間

保健福祉センター2階 子育て支援課窓口 平日9時から17時30分

この記事に関するお問い合わせ先

子育て支援課(庶務・予防接種・母子保健担当)
〒572-8533
大阪府寝屋川市池田西町28番22号(保健福祉センター2階・4階)
電話:072-838-0374
ファックス:072-838-0428
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2021年09月01日