寝屋川市みんなのまち基本条例の概要

ページID: 6426

条例の目的

寝屋川市における自治の基本的な理念及び原則を定め、市民、議会、行政がともに考え、行動し、信頼関係を深めながら、みんなが誇れる住みよいまちを実現する。

条例の基本理念

市民がまちづくりの主役であることを基本に、市民、議会、行政は、それぞれの役割と責務を果たしながら協働してまちづくりに取り組む。

市民、議会、行政による協働のまちづくりの更なる推進及びその周知・啓発を図るため、みんなのまち基本条例の改正に伴い、本条例のパンフレットを作成しました。

本条例の理解をより一層深めるため、本条例の解説を作成しました。

条例の改正

平成24年度改正、平成25年4月1日施行

平成25年3月市議会定例会において、寝屋川市みんなのまち基本条例の一部改正(案)が可決、公布され、平成25年4月1日に施行しました。

主な改正内容

  • 「地域協働」の規定の追加
    地域に関わる人や団体が協働して身近な地域の実情に応じたまちづくりを推進していくことが重要になっています。本市にとって、新しいまちづくりの在り方である地域協働のまちづくりを推進するため、その旨の規定(第4条第2項)を追加しました。
  • 「安全・安心の向上」の規定の追加
    今後、東海、東南海・南海地震などの大規模地震が高い確率で発生することが予測されており、市民及び行政の双方が安全・安心の向上に取り組む必要があることから、その旨の規定(第6条)を追加しました。

条例の改正

平成29年度改正、平成30年4月1日施行

平成30年3月市議会定例会において、寝屋川市みんなのまち基本条例の一部改正(案)が可決、公布され、平成30年4月1日に施行しました。

主な改正内容

  • 「防犯力」の規定の追加
    防災力、防犯力等の強化を図り、市民生活の安全・安心の向上に取り組まなければならないことから、その旨の規定(第6条)を追加しました。
  • 「行政運営」の規定の追加
    総合計画について、議会の議決を経て、総合的かつ計画的な市政運営を図るための基本構想を定めるよう、その旨の規定(第19条)を追加しました。

条例検証の取組

平成24年度

みんなのまち基本条例第26条の規定に基づき、寝屋川市みんなのまち基本条例検証委員会の提言等を踏まえ、条例の内容等について検証を行いました。

平成29年度

みんなのまち基本条例第27条の規定に基づき、寝屋川市みんなのまち基本条例検証委員会の提言等を踏まえ、条例の内容等について検証を行いました。

条例制定に向けた取組

平成19年12月市議会定例会において、寝屋川市みんなのまち基本条例(案)が可決され、平成20年4月1日に施行しました。

この記事に関するお問い合わせ先

企画一課
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号(市役所本館2階)
電話:072-825-2016
ファックス:072-825-0761
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2021年07月01日