現在の位置

はちかづきちゃんの地球温暖化対策教室

消灯

テレビを消す

不要時の電源を切る

適切な冷暖房

急発進、空ぶかしをしない

紙を大切に

 

地球温暖化の原因って何?

大気中の二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素などの「温室効果ガス」は、太陽の光により地表から放出される赤外線を吸収し、再び放射することにより、地表と大気を温めて熱を宇宙空間に逃がしにくくしています。このようにして地球は生物の生存に適した微妙な気温に保たれているのです。
しかし、18世紀末の産業革命以降、人間の活動(電気の大量消費、工場・事業場のボイラー等の固定発生源や自動車等の移動発生源)によって温室効果ガス(主に二酸化炭素)の排出量が飛躍的に増えました。また、フロンなど、もともとなかったガスまで排出されて温室効果ガスの濃度が高まり、地表面付近の温度が上昇しています。
この現象を「地球温暖化」といいます。

 

地球温暖化が進むとどうなるの?

過去100年間に地表付近の平均気温は、約0.6度上昇しています。もし、今のまま温暖化が進めば、21世紀末には平均気温は現在より約2度(最小約1.4度,最大約5.8度)高くなり、その後も上昇し続けると予想されます。
 

気温の上昇による地球環境への影響

  1. 海面水位の上昇による陸地の減少
  2. 豪雨や干ばつなどの異常現象の増加
  3. 生態系への影響や砂漠化の進行
  4. 農業生産や水資源への影響
  5. マラリアなどの熱帯性の伝染病の増加

これらは、私たちの生活に大きな被害をおよぼすと言われています。

 

温室効果のしくみ

 

 

地球温暖化防止対策について

国際的な流れ

1997年12月に開催された地球温暖化防止京都会議(COP3)で二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、ハイドロフルオロカーボン(HFC)、 パーフルオロカーボン(PFC)、六フッ化硫黄の6種類のガスを温室効果ガスとし、2008年から2012年までに1990年(HFC等は1995年)の排出量から先進国全体で少なくとも5%、中でも日本は6%、アメリカは7%、EUは8%削減することで合意しました。その後2001年に開催されたCOP7で京都議定書の運用ルールについて最終合意されました。


 

寝屋川市の温暖化対策

1999年10月に「地球温暖化対策の推進に関する法律」が制定され、地方公共団体に温暖化防止対策のための実行計画をつくることが義務付けられました。これを受けて寝屋川市は、温室効果ガスの排出量の削減に取り組むために2001年2月に「寝屋川市役所温暖化対策実行計画」としてまとめました。
この計画は、市が行う事務・事業で排出される温室効果ガスの排出量の削減に取り組むと同時に、温室効果ガスの排出を抑制するため、環境にやさしい商品の購入や使用、省エネルギー対策、環境に配慮した公共事業の実施、ごみの減量やリサイクルなどの取り組みを進めるものです。計画期間は、平成12年度から平成16年度の5年間です。
 

寝屋川市域温室効果ガス排出量の推定結果
 

 

わたしたちのできる温暖化対策

地球温暖化の原因となる二酸化炭素は、石油やガス等を燃焼すると必ず発生します。また、人々の生活、ごみ処理といったあらゆる場面から二酸化炭素が排出されます。
しかし、ひとりひとりの努力で二酸化炭素の排出を減らしていくことが可能です。

 

一人ひとりの地球温暖化対策

 

 

 

お問い合わせ
環境総務課
〒572-0855
大阪府寝屋川市寝屋南一丁目2番1号(クリーンセンター6階)
電話:072-821-4055
ファックス:072-821-3349
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年1月23日