現在の位置

病気と予防接種の間隔

予防接種は元気で体調の良い時に接種します。

病気にかかったあと、どれくらい間隔をあけてから接種するのが良いでしょうか。

おおむね次のような間隔をあけるのが目安となります。

  • 麻しん(はしか)⇒治癒後4週間以上
  • 風しん、水痘(みずぼうそう)、おたふくかぜなど癒後2~4週間以上
  • 突発性発疹、手足口病、りんご病(伝染性紅斑)など、⇒治癒1~2週間以上 
  • RSウイルス、ロタウイルス、ノロウイルス、プール熱(咽頭結膜炎)、マイコプラズマ肺炎、溶連菌感染症、かぜ、インフルエンザ、とびひ(伝染性膿痂疹)

病状の程度によって治癒後の予防接種の間隔が変わりますので、主治医とよく相談してから接種してください。

お問い合わせ
子育て支援課
〒572-8533
大阪府寝屋川市池田西町28番22号(保健福祉センター2階)
電話:072-824-1181(代表)
ファックス:072-838-0428
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2016年4月1日