申請書等への押印の見直しについて

ページID: 17040

申請書等への押印を見直します
~市の手続は「はんこレス」 99.9%の押印が不要に~

市では、年間約46万件の手続で独自に定める申請書等(約2,200種類)に押印を求めてきましたが、市民の利便性の向上を図り、行政手続のオンライン化を一層推進するため、令和3年9月1日から押印の義務付けを見直します。

申請書等の状況

これまで押印を義務付けてきた申請書等 3,109種類
1.国の法令、府の条例等に基づくもの 937種類
2.市の規則等に基づくもの(市独自で定めるもの) 2,172種類

見直し方針

1.国の法令、府の条例等に基づくものについては、国・府の法令等の改正に応じて対応します。

2.市の規則等に基づくものについては、実印(印鑑証明書添付)を求める一部の申請書等を除き押印の義務付けを廃止します。

押印の見直し状況(市の規則等に基づくもの)

年間約46万件(2,172種類)の手続中、実印(印鑑証明書添付)を求める約460件(8種類)を除き押印の義務付けを廃止します。

押印の義務付けを廃止した申請書等一覧(職員が提出する書類は除く)(PDFファイル:1.3MB)

留意事項

1.国の法令、府の条例等に基づき押印を求める申請書等があります。

2.押印の義務付けを廃止した申請書等であっても、これまで通り押印された場合も受け付けます。

3.署名(自署)や本人確認を求めることがあります。

詳しくは担当課に問い合わせてください。

この記事に関するお問い合わせ先

総務課
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号(市役所東館3階)
電話:072-825-2195
ファックス:072-825-2094
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2021年08月18日