現在の位置
  • ホーム
  • トピックス
  • 認可保育所(園)、認可認定こども園、認可事業所内保育事業所をご利用の保護者の皆様へ(6月1日更新)

認可保育所(園)、認可認定こども園、認可事業所内保育事業所をご利用の保護者の皆様へ(6月1日更新)

 

今後の保育所等の利用について(6月1日更新)

 

 本市は、6月1日(月)から市の対応を「対応フェーズ2」に引き下げます。また、状況に大きな変化がない限り、6月15日(月)には、更に「対応フェーズ1」に引き下げる予定です。
 これに伴いまして、今後の保育所等の利用については、令和2年6月1日(月)から令和2年6月14日(日)までは、「原則、家庭での保育」を要請いたします。また、令和2年6月15日(月)からは、「通常保育」とします。
 
 保護者の皆様におかれましては、要請期間中、新型コロナウイルス感染症拡大防止にご協力を賜り、誠にありがとうございました。まだ、新型コロナウイルス感染症は終息しておりませんので、引き続きのご協力をお願い申し上げます。
 
 なお、市からの家庭保育等の要請期間については、4月3日(金)から6月14日(日)とし、保育料や給食費については、4月3日以降に家庭での保育に協力していただいた日数分を日割り計算いたします。(給食費については、6月1日(月)以降無償化としますので、日割り計算の対象は5月31日(日)までとなります。) 
 

保育所等を利用している保護者の皆様(PDF:90.2KB)

 

今後の保育所等の利用について(5月21日更新)

 
 本市は、5月21日(木)から、市の対応を「フェーズ2.5」に引き下げます。また、状況に大きな変化がない限り、6月1日(月)には更に「フェーズ2」に引き下げることとします。
 今後の保育所等の利用については、令和2年5月13日(水)にお知らせしてまいりましたが、令和2年5月31日(日)までは、現在と同様に、原則、休所等を継続します。
 6月1日(月)以降につきましては、当分の間、原則、家庭での保育を要請といたします。
 保護者の皆様には、3密を避け、感染リスクの軽減を図るため、家庭での保育を強力にお願いいたします。
 また、市からの家庭保育等の要請期間については、これまで4月13日(月)からとお伝えしておりましたが、4月3日(金)からとし、保育料や給食費については、4月3日以降に家庭での保育に協力していただいた日数分を日割り計算いたします。
 
 市の対応については、随時市HPを更新いたしますので、適宜、御確認をお願いいたします。

保育所等を利用している保護者の皆様(PDF:134.1KB)

 

令和2年5月18日(木)以降の保育所等の利用について(5月13日更新)

 
 標記の件について、5月13日(水)にお知らせすることとしておりましたが、国の動向や大阪府の独自基準の3項目の数値の達成状況、そして、本市におけるゴールデンウィーク期間中の感染拡大の影響を見定めるため、2週間経過(5月16日~20日)後の5月21日(木)に市の対応を決定し、お知らせします。
 なお、仮に5月21日(木)に市の対応フェーズが引き下げられた場合、保育所においては、6月1日(月)から開所しますが、原則、家庭での保育を要請する予定でございます。(5月31日(日)までは原則、休所等を継続。)
 市の対応については、随時市HPを更新いたしますので、適宜御確認をお願いいたします。

保育所等を利用している保護者の皆様(PDF:125.6KB)

 

令和2年5月7日(木)以降の保育所等の利用に関するお願い(4月28日更新)

 
 市立保育所では令和2年4月15日(水)から令和2年5月6日(水)までの間、下記の「市の対応5」の対応としており、市内民間保育所等に対し、市立保育所と同様の対応を要請しております。
 令和2年5月7日(木)以降の対応につきまして、現在の状況を鑑み、引き続き新型コロナウイルス感染症拡大防止及び児童の安全確保の観点から、国の緊急事態宣言が解除された場合は「市の対応2.5」とし、解除されなかった場合は「市の対応5【第1段階】」を維持することとしますので、御理解、御協力をお願いいたします。
 なお、要請に基づき家庭での保育を行った児童に対する保育料、給食費については、日割り計算し、還付する予定としております(令和2年4月13日(月)から要請に基づき家庭での保育を行った日数)。
 詳細については、別途お知らせいたします。

○国の緊急事態宣言が解除された場合
【市の対応2.5】
 感染縮小期(拡大期)における拡大防止策
・5月17日までは、原則、休所とする。(市の対応5【第1段階】と同様)
・5月18日以降の対応は、国・大阪府の動向を踏まえ、5月13日にお知らせします。
・5月18日以降に開所する場合も、原則、家庭での保育を要請
 ただし、就労等の都合により、家庭での保育が困難な場合には、保育所を利用してください。

○国の緊急事態宣言が解除されなかった場合
【市の対応5】
 国・大阪府等による緊急事態宣言が発せられた場合【第1段階】
  国の緊急事態宣言の期間(5月6日(水)まで。解除されない場合は継続)の対応
 原則、休所とする。(4月15日(水)から適用する。)
 ただし、世帯員のいずれかに医療、消防、警察、福祉施設(介護、障害、保育、留守家庭児童会)従事者がいる世帯に限り、保育所を利用できるものとする。
 また、親族等に預けるなど、家庭での保育が困難な世帯で、次のいずれかに該当する場合は、利用できるものとする。
 1. 小規模事業所等、勤務しなければ事業継続が困難な方
 2. 休業補償がない方
 3. その他、家庭での保育が著しく困難であると市が認めた世帯
※ 保育所等での受け入れについては、在籍する施設に御相談ください。

市の対応については、随時市HPを更新いたしますので、適宜御確認をお願いいたします。

公立保育所を利用している保護者の皆様(PDF:198.8KB)

民間保育園を利用している保護者の皆様(PDF:199.9KB)

 

緊急事態宣言下の保育所等の利用に関するお願い(4月10日更新)

 
 標題の件につきまして、令和2年4月7日(火)に国から緊急事態宣言が発出され、大阪府の対応方針が示されました。
 これらを受けて、市立保育所では令和2年4月15日(水)から下記【市の対応5】の対応とすることとしております。
 また、市内民間保育所等に対し、市立保育所と同様の対応を要請しております。
 つきましては、新型コロナウイルス感染症拡大防止及び児童の安全確保の観点から、本対応について御理解、御協力をお願いいたします。
 なお、要請に基づき家庭での保育を行った児童に対する保育料、給食費については、日割り計算し、還付する予定としております(令和2年4月13日(月)から5月6日(水)までの間で要請に基づき家庭での保育を行った日数)。
 詳細については、別途お知らせいたします。

【市の対応5】
 国・大阪府等による緊急事態宣言が発せられた場合【第1段階】
 国の緊急事態宣言の期間(5月6日(水)まで)の対応

 原則、休所とする。(4月15日(水)から適用する。)

 
ただし、世帯員のいずれかに医療、消防、警察、福祉施設(介護、障害、保育、留守家庭児童会)従事者がいる世帯に限り、保育所を利用できるものとする。
 また、親族等に預けるなど、家庭での保育が困難な世帯で、次のいずれかに該当する場合は、利用できるものとする。

 1. 小規模事業所等、勤務しなければ事業継続が困難な方
 2. 休業補償がない方
 3. その他、家庭での保育が著しく困難であると市が認めた世帯

※ 保育所等での受け入れについては、在籍する施設に御相談ください。

 市の対応については、随時市HPを更新いたしますので、適宜御確認をお願いいたします。

緊急事態宣言下の保育所等の利用に関するお願い(PDF:211KB)

お問い合わせ
保育課
〒572-8533
大阪府寝屋川市池田西町28番22号(保健福祉センター2階)
電話:072-812-2552
ファックス:072-839-6767
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2020年4月10日