現在の位置

新型コロナウイルス感染症に関する市立保育所での対応について

新型コロナウイルス感染症に関する市立保育所での対応について

新型コロナウイルス感染症に関して、市立保育所においては、令和2年3月25日から下記のとおり対応いたします。
なお、今後、国や大阪府から、本件について要請等がある可能性がありますが、それまでの間、市立保育所では、本通知の内容による対応といたします。

【市の対応1】
現時点(3月25日)での対応
1 市立保育所の対応
・児童の健康観察を徹底すること。
・手洗い・うがいの徹底、保育室等の頻繁な換気などにより環境保持を行うこと。
・多くの児童が集合する行事は控えること。
・所外活動の行事を中止又は延期すること。
・卒園式については、最小限の規模で実施すること。原則、卒園生、保護者、職員のみで行うこととし、短時間での実施とするなど、その内容について工夫すること。
・保護者・地域の方が集まる会議や集会等は中止又は延期とすること。今後、説明が必要な場合も説明会は開かず、文書・メール等で対応すること。
・上記以外の場合でも、地域の方々に対しては行事の案内を控えるとともに、不要不急の来所の自粛を求めること。また、職員や児童は外部の不特定多数の者との接触を極力避けるよう努めること。
・納入業者など外部からの来所者については、衛生保持に留意し、必要最小限にとどめること。
・職員の健康管理を徹底すること。発熱や倦怠感等、健康に不安を感じた場合は管理職に相談し、その指示を仰ぐこと。
2 保護者への対応
・下記のいずれかに該当する場合、保護者の判断で登所を自粛させること。
児童に咳など風邪の症状や37.5度以上の発熱がある場合。
児童に強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合。
・児童に症状がなくても、登所させることに不安を感じた場合は、保護者の判断で保育所を休ませること。

【市の対応2】
市内において新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認された場合
原則、開所とする。
ただし、最終的に市保健所の判断により臨時休所にする場合がある。

【市の対応3】
市内の民間保育所・民間認定こども園、市立保育所の関係者で新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認された場合。
以下のいずれかに該当する場合は、当該市立保育所は臨時休所(最大14日間)の措置とする。
1 児童本人及びその同居家族に新型コロナウイルス感染症の陽性が確認された場合。
2 職員(同居者を含む)に新型コロナウイルス感染症の陽性が確認された場合。
それに加え、兄弟関係等で濃厚接触が疑われる児童がいる市立保育所においては、臨時休所(最大7日間)の措置とする。
なお、陽性患者に対する保健所の検査により、影響がなく安全と判断された場合は、数日で再開する場合もある。状況により判断し、文書・メール等で通知する。

【市の対応4】
複数の感染源で市内に感染者が複数人発生した場合
(上記のケースで、市保健所が感染拡大の可能性が高いと判断した場合)
原則、開所とする。
ただし、最終的に市保健所の判断により休所にする場合がある。

【市の対応5】
国・大阪府等による緊急事態宣言が発せられた場合
(※緊急事態宣言が出た場合、以下のような対応が想定されます。)
緊急事態宣言解除まで完全休所

新型コロナウイルス感染症への対応

お問い合わせ
保育課
〒572-8533
大阪府寝屋川市池田西町28番22号(保健福祉センター2階)
電話:072-812-2552
ファックス:072-839-6767
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年3月24日