現在の位置

インフルエンザの流行シーズンに入りました

インフルエンザに注意しましょう

 今年は10都道府県で例年よりも2か月早く流行を迎えており、寝屋川市でも同様に早まる可能性がありますので、注意してください。

 インフルエンザはインフルエンザウイルスによっておこる感染症で、毎年11月から4月頃までが流行期です。インフルエンザは普通の風邪とは違い、小児や高齢者、免疫が低下している人が感染すると重症化することがあります。

 インフルエンザに「かからない!うつらない!」ために日ごろからしっかりと手洗いや咳エチケットを心がけましょう。

 インフルエンザの重症化を防ぐために、流行期よりも早めに予防接種を受けましょう。

インフルエンザとは

 季節性インフルエンザは感染力が強く、感染した人の咳やくしゃみなどによって、ウイルスが飛び散り、それを吸い込むことによって感染します。

 ふつうの風邪と違い、突然38度以上の熱が出たり、頭痛や関節痛、筋肉痛などの症状がでます。

インフルエンザを予防するポイント

外出後の手洗い・うがい

  • 外出後や調理、食事の前などこまめに手洗いをしましょう。指などに付着したインフルエンザウイルスを除去するのに有効です。
  • 消毒用アルコールを手全体にすりこむのも効果的です。

 

手をしっかり洗いましょう(大阪府)

咳エチケット

  • 咳やくしゃみをする時は、周囲の人とできるだけ離れましょう。
  • 咳やくしゃみが直接人にかからないようにカバーしましょう。
  • マスクを持っていない場合は、ティッシュや袖で口と鼻を覆いましょう。使用したティッシュはすぐにゴミ箱に捨てましょう。
  • 人ごみに出る場合は、マスクを着用しましょう。

 

室内の適度な保湿

  • 空気が乾燥すると、喉の防御機能が低下してインフルエンザにかかりやすくなります。加湿器や洗濯物の部屋干しなどを利用して、湿度(50から60%)を保ちましょう。
  • 水分を十分補給しましょう。

 

十分な休養と栄養バランス

  • 体の抵抗力を高めるため、日ごろから十分な休養とバランスのとれた食事を心がけましょう。

 

人ごみや繁華街への外出を避ける

  • インフルエンザが流行してきたら、特に高齢の方、持病のある方、妊婦の方、疲労気味もしくは睡眠不足の方は、人ごみや外出を避けましょう。

 

流行前のワクチン接種

 感染後に発病する可能性を低減させる効果と、インフルエンザにかかった場合の重症化防止に有効です。

高齢者インフルエンザ予防接種

令和元年度年少児インフルエンザ予防接種の費用助成

インフルエンザにかかったら

  • 具合が悪ければ、マスクを着用して、早めに受診しましょう。
  • 発熱した後5日目、かつ熱がさがってから2日(幼児は3日)目まで、もしくは医師から許可が出るまでは無理をして学校や職場に行かないようにしましょう。
  • 水分補給と睡眠を大切にし、安静に努めましょう。

 

啓発ツール

インフルエンザチラシ(表)    インフルエンザチラシ(裏) 

インフルエンザ啓発チラシ(PDF:953.4KB)

 

関連リンク

インフルエンザ関連情報(大阪府感染症情報センター)

インフルエンザ流行レベル(国立感染症研究所)

インフルエンザ対策(厚生労働省)

インフルエンザを予防しよう(大阪府)

お問い合わせ
保健予防課(感染症担当)
〒572-0838
大阪府寝屋川市八坂町28番3号(寝屋川市保健所)
電話:072-829-7773
ファックス:072-838-1152
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2019年11月25日