現在の位置

「警戒レベル」を用いた避難勧告等の発令

防災情報の伝え方が変わります!

警戒レベルリーフレット

 平成30年7月豪雨では、気象庁や各自治体が事前の避難を呼びかけていましたが、河川の氾濫や土砂災害により多くの逃げ遅れた人が犠牲となりました。

 この災害を受け、住民主体の避難行動を支援するために、国のガイドラインが改定されました。

 ガイドラインの改定に伴い、気象庁などは、警報や注意報といった情報の危険度のレベルを5段階に分けて運用を始めました。

 防災気象情報や避難情報は、次のとおりに整理されます。

 

 

 

 

警戒レベル1

 気象庁から早期注意情報が発表されます。

 災害への心構えを高めましょう。

警戒レベル2

 気象庁から洪水注意報大雨注意報等が発表されます。

 避難に備え、ハザードマップ等により、自らの避難行動を確認しましょう。

警戒レベル3

 必要に応じて市町村が避難準備・高齢者等避難開始を発令します。

 避難に時間を要する人(ご高齢の方、障害のある方、乳幼児等)とその支援者は避難をしましょう。その他の人は、避難の準備を整えましょう。

警戒レベル4

 必要に応じて市町村が避難勧告避難指示(緊急)を発令します。

 速やかに避難先へ避難しましょう。公的な避難場所までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所や、自宅内のより安全な場所に避難しましょう。

警戒レベル5

 市町村が災害発生情報を発令します。

 既に災害が発生している状況ですので、命を守るための最善の行動をとりましょう。

「警戒レベル」パンフレット1(PDF:4.3MB)

「警戒レベル」パンフレット2(PDF:7.1MB)

内閣府 防災情報ページ

お問い合わせ
危機管理室
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号 (市役所本館3階)
電話:072-825-2194
ファックス:072-825-0334
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2019年6月10日