市営住宅におけるアスベスト含有吹付け材の使用実態について

ページID: 4346

 寝屋川市営住宅の住棟部分において、アスベスト含有の仕上げ材は使用しておりません。

令和2年度アスベスト調査について

平成17年度から行っておりました市有施設に係るアスベストの使用状況については、既に平成17年度に調査報告を公表していますが、石綿障害予防規則等の一部改正により、平成18年9月1日より規制の対象が石綿をその重量の「1%を超えて含有するもの」から「0.1%を超えて含有するもの」となりました。また国内で使用されていないとされていた3種類(トレモライト・アクチノライト・アンソフィライト)のアスベストについても調査の対象となったため、令和2年度再調査を行いました。その結果がまとまりましたのでお知らせします。

アスベスト調査結果表いずれも下地材からであり、飛散性はありません。

また解体工事を行った4棟・6棟・8棟・9棟については解体工事を行う前に事前調査を行い、アスベストは成形板のみ検出され適切に処理しました。

この記事に関するお問い合わせ先

まちづくり推進課
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号(市役所本館3階)
電話:072-825-2409
ファックス:072-825-2618
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2021年07月01日