現在の位置

桜の開花予想を行います

自分で予想して花見に行こう!

桜の開花予想の方法

 桜の開花予想には一般的に以下の3つがあります。

毎年、2月1日を起算日として設定し、気温から予想を行います。

1 平均気温400度の法則

起算日から1日の平均気温を足していき、その合計が400度に達した頃。

2 最高気温600度の法則

起算日から1日の最高気温を足していき、その合計が600度に達した頃。

3 15度の法則

起算日から、最高気温が15度を超えた日を数えていき、その日数が23日に達した頃。

 

 現在の予想状況(平成31年3月18日現在)

1 平均気温400度の法則

400度到達日 3月16日(的中せず)

2 最高気温600度の法則

600度到達日 3月18日(的中せず)

3 15度の法則

現在 14日

開花予想日 3月30日

 

 これらの開花予想については、2月1日から3月18日までの打上川治水緑地で観測した気温と、3月19日以降の天気予報により行っています。

 平均気温400度の法則及び最高気温600度の法則では開花予想日を過ぎましたが、残念ながら現在咲く気配はまだありません。

 15度の法則は当たるでしょうか。

 

 現在の「つぼみ」の様子(3月15日撮影)

桜のつぼみ。3月15日撮影。

サクラの開花宣言を行います

「開花」とは、標本木に5~6輪咲いた状況のこと。

寝屋川市では平成31年2月1日、打上川治水緑地のソメイヨシノを独自の標本木として指定しました。

この春から、この標本木による独自の開花宣言を合わせて行います。

指定された標本木の写真

お問い合わせ
公園みどり課
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号
(市役所本館3階)
電話:072-825-2293
ファックス:072-825-2633
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年3月19日