青少年の居場所~スマイル・ハピネス~

ページID: 2560

市立青少年の居場所「ハピネス」の統合について

 

市立青少年の居場所「ハピネス」について、市立こどもセンターが令和5年3月31日に閉鎖することに伴い、市立青少年の居場所「スマイル」(池田西町24番5号)に統合し、これまでどおり実施します。
これからも利用者の皆様が気軽に立ち寄り、交流したり、悩み等を相談できる居場所づくりに努めてまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

青少年の居場所とは

青少年の居場所とは、市内在住・在学・在職中学生から30歳までの青少年が気軽に立ち寄って交流したり、悩み等をスタッフ(大学生等のボランティア)に相談できる場所です。

スマイル(池の里市民交流センター2階)

スマイルは各部屋が元々小学校の教室なので、

広々と使用することができます。

それぞれの部屋で自由に過ごしてください。

自分だけの居場所をスマイルで作ろう!と書かれたポスター

スタジオ(防音室)利用について

青少年の居場所スマイルのスタジオ(防音室)は、演奏やダンスに無料で利用可能です。

スタジオには、電子ピアノとドラムを設置してありますので、練習にお使いください。

壁には、5メートル幅の鏡が設置されていますので、ダンスのインフォメーション確認等に便利です。

※換気やマスク着用など、感染予防対策を講じた上で運営しておりますので、皆様のご協力をお願いします。

 

スタジオのオンライン予約を始めます

1 予約受付開始日

令和4年7月1日(金曜日)

 

2 予約申し込み方法

フォーム(下記リンク)から申請(24時間いつでも)

1. 申し込み受付

利用する日の3か月前から2週間前まで

2. スタジオ予約ができる時間区分

ア 午後3時~午後5時30分

イ 午後5時30分~午後8時

 

3 予約のキャンセルについて

予約日の前日(土日祝に利用予定の場合はその直前の平日)までにキャンセルの連絡を青少年課(072-813-0075)に連絡してください。

 

4 利用のルール

ア 予約した時間の好きな時間に来て、好きな時間に帰えます。

イ 予約した人がまだ来てない時は、予約してなくても他の人が使えます。

その場合、予約した人が来たらなるべく早く予約した人に交代しましょう。

ウ 予約ができるのは、個人または同じグループ(団体)で月に最大8回、日に1回(ア 午後3時~かイ 午後5時30分~のどちらか)です。

ハピネス(こどもセンター3階)

 

ハピネスはスマイルとは違い、アットホームな

隠れ家のようなスペースです。

ハピネスでは、靴を脱いでの利用となります。

自分だけの仲間と一緒の居場所をハピネスで作ろうのポスター

アクセス

スマイル

スマイルは市立池の里市民交流センター2階と書かれた案内ポスター

  • 開室日時
    • 平日 15時~20時
    • 土曜日・日曜日・祝日 12時~20時
    • 夏休みなど学校長期休業時
      毎日 12時~20時

毎月第4月曜日、年末年始を除く

ハピネス

ハピネスは市立こどもセンター3階と書かれた案内ポスター

  • 開室日時
    • 平日 15時~20時
    • 土曜日・日曜日・祝日 12時~20時
    • 夏休みなど学校長期休業時
      毎日 12時~20時

年末年始を除く

「青少年の居場所~スマイル・ハピネス~」

事業目標

近年の社会情勢の変化により青少年が地域とつながる機会、場所が希薄になり、様々な人たちと関わる経験も少なくなってきました。青少年が世代を超えて交流することにより、豊かな人間性や社会性を身につけることが出来るよう、自由に集える場所を運営します。

運営理念

青少年の居場所は、市内在住・在学・在職の青少年が年齢に関係なく気軽に立ち寄れ、「誰に邪魔されることなく、一人でマンガや書籍を読んでゆっくり過ごしたい」「人とのコミュニケーションが苦手だけど、不安や悩みを誰かに聞いてほしい」「ひきこもりや不登校で、外に出るのが億劫になっているけど、誰かとつながるキッカケがほしい」あるいは、「世代の近い人ともっと交流し、仲間を増やしたい」等、色々な願いがかなえられる居場所・相談・交流スペースとして、平成24年5月にオープンしました。

青少年リーダー育成事業

青少年の居場所には大学生から概ね30歳までのメンバーがスタッフとして常駐し、中高生の学習や悩みの相談などのサポートもしています。また、教職経験者等のコーディネーターも常駐し、スタッフの指導や全体の運営をしていますので安心して来室してください。スタッフは「ちょこっと講座」等を自主運営し、自分の特技・興味を活かして中高生と関わる時間を作っています。中高生にとっては同じ特技・興味を持つスタッフと交流することにより、目指す青年像を具体的にイメージすることができます。そして、 この部屋を利用してくれている中高生が将来、スタッフとなり、今度はかつて自分がしてもらったように中高生と交流し、地域のリーダーとして活躍してくれることを願っています。

青少年リーダー育成事業として青少年の居場所以外に、小学生クラブ・中高生クラブ・ユースクラブを組織し、学校の枠を超えて交流を図っています。

このように寝屋川市教育委員会では小学生から青年までの健全育成を通じて、将来、青年たちが地域のリーダーとして自分たちで小・中・高校生の社会教育活動を指導できる循環型組織の構築に取り組んでいます。

この記事に関するお問い合わせ先

青少年課
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号(市役所東館1階)
電話:072-813-0075
ファックス:072-813-0087
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2022年07月21日