現在の位置

留守家庭児童会保育料について

留守家庭児童会保育料について

留守家庭児童会保育料

保育料は児童1人につき月額7,000円です。

延長利用料金は児童1人につき1回100円、月上限1,000円です。

土曜日利用料金は児童1人につき1回300円です。

 

(延長利用または、土曜日利用についてはこちらのPDFファイルをご覧ください。)

延長利用について(PDF:74KB)

土曜日利用について(PDF:181.4KB)

 

なお、その他に保護者負担として、おやつ・傷害保険加入代金等があります。

おやつ代金は毎月初めに指導員にお支払いください。傷害保険は任意加入ですが、児童の不測の事故に備えて加入してください。

 

保育料の還付について

児童が、15日までに退会した場合は、その月の保育料を半額還付します。
なお、16日以降の場合は還付しません。

 

 

 

留守家庭児童会保育料の減免について

(注意)手続きは入会決定後、保護者(利用者)による申請制となっています。

  • 「留守家庭児童会保育料減免申請書」が申請児童1人につき1部必要となります。
  • 添付書類として以下の書類(コピー可)が必要となります。

 

減免要件

必要書類

免 除

生活保護法による被保護世帯

生活保護法による受給証明書

(2月の入会説明後より受付開始)

入会年度の市町村民税が非課税の世帯

(1)次の1~3のうち、いずれか一つ(保護者全員分、コピー可)

1 市町村民税 課税証明書

2 市町村民税 特別徴収額の決定通知書

3 市町村民税 税額決定納税通知書(所得、控除額、税額がわかるページ)

※1月1日の住所地で発行。(市民税担当)

※非課税または均等割りのみの課税世帯のうち母子・父子世帯については、「児童扶養手当証書」または「ひとり親医療証」のコピーも必要。

入会年度の市町村民税のうち

均等割のみが課税されている世帯

減 免

保育料

月額

5,000円

入会年度の市町村民税課税標準額の合計が160万円未満の世帯

母子・父子世帯で、入会年度の市町村民税課税標準額が210万円未満の世帯

(1)上の1~3のいずれか一つ(コピー可)

(2)「児童扶養手当証書」または「ひとり親医療証」のコピー

身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳もしくは療育手帳の交付を受けている世帯で、入会年度の市町村民税課税標準額の合計が210万円未満の世帯

(1)上の1~3のいずれか一つ(保護者全員分、コピー可)

(2)身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳(氏名、生年月日などの記載面)のコピー

 

※市町村民税課税証明書は、1月1日に住民票をおいている住所地で発行されます。

注) 課税状況による減免に該当される方は、入会年度の市町村民税に係る証明書等の添付が必要であるため6月の課税額決定後にご提出ください。

※児童の属する世帯の保護者(父と母)の課税証明書等の提出が必要です。

令和3年度留守家庭児童会保育料の減額免除について(PDF:187.2KB)

令和3年度寝屋川市留守家庭児童会保育料減免申請書兼還付請求書(PDF:121.9KB)

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ
青少年課
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号(市役所東館1階)
電話:072-813-0075
ファックス:072-813-0087
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2021年6月10日