現在の位置

水生生物センター

寝屋川市の歴史

寝屋川市の文化財

水生生物センター(淡水魚試験所) 木屋元町

寝屋川市のマスコットキャラクターはちかづきちゃん

ごめんなさい
写真ありません★       

寝屋川市のマスコットキャラクター
はちかづきちゃん

水生生物センターは、昭和30年(1955)大阪府水産試験場寝屋川養魚場として現在の地に設置され、昭和42年(1967)に大阪府淡水魚試験場として独立しました。平成3年(1991)大阪府立淡水魚試験場に名称変更。その後、現在の水生生物センターに名称を変更しました。
このセンターでは、コイやフナをはじめとする淡水魚の増養殖技術の開発や、川や池の生物を通じてうるおいとやすらぎのある水辺環境を創造するための総合的な研究とその成果の普及活動を行っています。
また、昭和63年(1988)に開設した淡水魚展示室には、天然記念物のイタセンパラやアユモドキなど淀川にすむ魚を中心として飼育展示し、淡水生物の生態と自然界で果たしている役割について理解できるようになっています。

(淀川のワンド)
淀川の湾処(わんど)は、明治のはじめオランダからやってきた技術者によって造られたといわれています。
蒸気船が大阪湾から京都の伏見に登れるようにするためには、水深1.5メートルの水路を川の中に造り、川の流れの速いところでは水路をまげる必要がありました。ヨーロッパでは何百年も前から木の小枝や下草などで大きなマットレスをつくり、幾重にも重ねて大きな石で川底に沈めて水を制御していました。
明治7年~29年(1874~1896)、天満橋から伏見までの40キロメートル、往復80キロメートルにわたって両岸に1メートルずつに水制を造りました。これが今の「わんど」として残っており、魚の産卵や稚魚の成育に良好な環境になっています。
天然記念物のイタセンパラ(タナゴの一種)も「わんど」に生育していますが、その数は激減しています。
残念ながら現在、市域に「わんど」は残っていません。

鉢かづき姫の物語

国府市指定文化財

お問い合わせ
文化スポーツ室
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号(市役所東館1階)
電話:072-813-0074
ファックス:072-813-0087
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2014年7月24日