現在の位置

お霊屋

寝屋川市の歴史

寝屋川市の文化財

お霊屋(おたまや)  美井元町

寝屋川市のマスコットキャラクターはちかづきちゃん

ごめんなさい
写真ありません★

寝屋川市のマスコットキャラクター
はちかづきちゃん

市立第五小学校(成田西町)のとなりに、本厳寺(ほんごんじ)のお霊屋とよばれているところがあります。
応永22年(1415)に京都の本応寺(のちに本能寺と改名)を創建し、日蓮宗の八品派を開いた日隆上人(にちりゅうしょうにん)の遺跡です。

学徳にすぐれた日隆は同門の月明のねたみをかい、彼がはなった刺客6人に危うく殺されそうになりましたが、少しも恐れることなく刺客たちを説きふせたのです。

改心した元刺客たちに守られながら、日隆は都から逃れ、本市の三井村に落ち着きました。村人たちは、防火の護符を授けてくれたり、何ごとも信心によるのだと熱心に教えを説いてくれた日隆に帰依(きえ=仏を信じ教えにすがること)し、彼のために庵(いおり)を建てました。

この庵を日隆は法花堂とよび、のちに霊光堂、お霊屋とよばれるようになりました。

三井村には由緒ある真言宗の本法寺がありましたが、ここの住職は日隆と問答をした結果、彼のすぐれた学識と徳の高さに敬服し、本法寺一山を挙げて日隆に献じました。

日隆は、都を出てから初めて寺に入ることができたのです。のちに本法寺は本厳寺と改称され、京都の本能寺、尼崎の本興寺とともに法華宗の重要な寺院になりました。

鉢かづき姫の物語

国府市指定文化財

お問い合わせ
文化スポーツ室
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号(市役所東館1階)
電話:072-813-0074
ファックス:072-813-0087
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2013年11月29日