現在の位置

春日神社(かすがじんじゃ)のスダジイの社叢(しゃそう)

春日神社のしいの社叢写真

【所在地】国松町20-4

しいは、ブナ科シイ属の樹木の総称で、スダジイとツブラジイ(コジイ)の2種に分かれます。

いずれも高さ20メートルに生育する常緑高木で、5月下旬から6月に強い香りのある花が咲き、秋に実(堅果)をつけます。実は2年目に熟します。
スダジイの実は長さ12ミリメートルから20ミリメートルの卵状長楕円形で、ツブラジイの実は球形をしています。

いずれも、実は生あるいは炒って食用にされます。
日本の暖帯林の最重要樹種で、東北南部以西の本州から九州の丘陵・山野の広範囲に分布します。

建材や薪炭材のほかシイタケ栽培の榾木(ほだぎ=栽培するために伐った木)として利用されています。  国松町の春日神社には、社殿を囲むように樹高10メートルから15メートル、幹回り4メートル程度のスダジイの巨木が数本生育しています。

春日神社のスダジイの社叢位置図

このうち、神社東側の堂池の池端にあるものは、幹が池側に大きく張り出していて、立派な樹形のものです。

人里近くに、しいの巨木が群生することは珍しく、1981年(昭和56年)に大阪府の天然記念物に指定されました。その後、一部の樹木に樹勢の衰えが見られるようになったので、昭和59年、平成4年、平成9年、平成13年に蘇生治療を行っています。

スダジイは海岸線に近いところに生息する種で、大阪府内でも珍しい種であるため、平成31年3月22日付で大阪府により、名称を「春日神社のしいの社叢」から「春日神社のスダジイの社叢」に変更されました。

問合先 文化スポーツ室 電話:813-0074(直通)

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ
文化スポーツ室
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号(市役所東館1階)
電話:072-813-0074
ファックス:072-813-0087
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年7月24日