現在の位置

大将軍

寝屋川市の歴史

寝屋川市の文化財

大将軍 高柳

大将軍

「大将軍」というのは大安や仏滅などとともに暦(こよみ)の吉凶をつかさどる八将軍、太歳神(たいさいしん)、大将軍、太陰神(たいおんしん)、歳刊神(さいきょうしん)、歳破神(さいはしん)、歳刹神(さいせつしん)、黄幡神(おうはんしん)、豹尾神(ひょうびしん)という方位の神のひとつですが、そのなかでも代表的な立場で古来より最も恐れられていました。

高柳・黒原・太秦(うずまさ)・高宮の地区には「大将軍」という小字があります。石津には「大上戸」、三井には「大上権」、太秦には「大上こん」がありますが、これらは大将軍のなまったものと考えられます。大将軍をまつった場所や地域をさしているのでしょう。

高柳村の鬼門(きもん、北東)といわれた方角に、昔は木々がうっそうと茂り、たぬきがすむと恐れられていた場所がありました。高柳村ではそのころ異変が続いていました。村中で話し合われ「鬼門を粗末にしているからだ。大将軍をまつろう」ということになりました。これが高柳村の「大将軍」のおこりで、以来、村人の厚い信仰を集めてきました。

国府市指定文化財

お問い合わせ
文化スポーツ室
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号(市役所東館1階)
電話:072-813-0074
ファックス:072-813-0087
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2013年11月29日