現在の位置

高宮神社

寝屋川市の歴史

寝屋川市の文化財

高宮神社 

高宮神社

高宮には、高宮神社と大杜御祖神社(おおもりみおやじんじゃ)の2つの神社があり、両社とも延喜式内社(えんぎしきないしゃ)で、かつ親子関係の神社です。1つの村の中でのこのような類例はめずらしいことです。

祭神は『先代旧事本紀』(平安時代)に高宮神主たちの祖先と記載されている天剛風命(あめのこかぜのみこと)で、大杜御祖神社の祭神、天萬魂命(あめのよろずたまのみこと)の子神にあたります。
 江戸時代には、旧讃良郡内の一番の大宮として「一の宮」ともよばれていました。

延喜式内社とは、延喜5年(905) に藤原時平らによって編纂が開始された「延喜式」(律令の施行細目を集大成した古代の法典) の巻九・十(いわゆる「延喜式神名帳」) に記載されている神社のことで、その数は神社2861社、祭神3132座にのぼります。式内社ともよばれています。

国府市指定文化財

お問い合わせ
文化スポーツ室
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号(市役所東館1階)
電話:072-813-0074
ファックス:072-813-0087
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2013年11月29日