現在の位置

畠山義豊の墓

寝屋川市の文化財

伝・畠山義豊(はたけやまよしとよ)の墓  成田西町(成田不動尊境内)

畠山義豊の墓

室町時代に起こった応仁の乱(1467~1477)が終結した後も畠山氏の内紛は続きました。

義就(よしなり)の子義豊(よしとよ=基家)は河内正覚寺城(かわちしょうがくじじょう)に政長(まさなが)を攻め自刃させましたが、その子尚順(ひさのぶ)に明応8年(1499)攻められて伴抜庄(ともぬきのしょう=十七箇所)で敗死した、と『応仁後記』に記載されています。

伴抜庄は、本市の北部一帯と枚方市の南部の一部と考えられています。

この義豊墓と伝えられている五輪塔は、昭和23年(1948)、現在地から西北数百メートルのところで発見され、成田山不動尊の客殿の庭園に置かれていましたが、昭和55年(1980)、今の地に新たな基壇(きだん)を設けて安置されるようになりました。

国府市指定文化財

お問い合わせ
文化スポーツ室
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号(市役所東館1階)
電話:072-813-0074
ファックス:072-813-0087
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2013年11月29日