現在の位置

就学援助制度の案内(5月1日からの申請)

4月1日から4月30日までの就学援助申請の受付は終了しました。

生活保護の停止又は廃止、学資負担者の死亡、離婚、他市からの転入及び上記受付期間中に未申請の場合は、随時受付を行います。ただし、認定及び支給は申請した月からとなります。

新型コロナウイルス感染防止の観点から、電子申請又は、郵送による申請にご協力をお願いします。

就学援助制度について

 小・中学校に通うお子様や小学校就学予定のお子様をお持ちで、経済的な理由により、学校の費用にお困りの保護者に対し、学校で必要な費用の援助を行う制度です。

●平成30年度から国立及び私立の小・中学校も対象になりました。

 国立及び私立小・中学校については、寝屋川市内に住所がある方が対象です。

●就学援助の適用期間は1年間(申請した月から翌年3月)です。

 現在、就学援助を受給中の方でも、引き続き就学援助の受給を希望される場合は、毎年4月に申請が必要です。

●令和4年4月に小学校へ入学するお子様への入学準備金について

 小学校入学予定者への入学準備金については、令和3年10月頃にご案内します。

補助の対象となる方

市立、国立及び私立小・中学校に通う児童生徒の保護者で次のいずれかに該当する方が対象となります。

  1. 世帯全員の前年中の総所得金額(令和2年1月~12月)が、認定基準額以下の方
  2. 前年度又は当該年度において、生活保護の停止又は廃止を受けた方

認定基準額については下記記載の「令和3年度認定基準額」をご参照ください。

援助内容

支給項目 支給予定額(児童生徒1人当たりの年額)
小学校 中学校
学用品費、通学用品費、校外活動費 1年       13,230円 1年       25,040円
2~6年     15,500円 2・3年     27,310円
入学準備金* 6年のみ    60,000円
学校給食費 実費相当額
修学旅行費 実費相当額(※参加者かつ支給対象となる経費のみ)
※国立及び私立小・中学校は、限度額あり
臨海林間学舎費 実費相当額(※支給対象となる経費のみ)
限度額   7,000円 限度額 8,000円
医療費 学校保健安全法で指定された病気(結膜炎・う歯・中耳炎等)の治療費が、学校の発行する医療券により受診することで無料となります。(医療券の担当課は学務課です。)

*就学予定者(新小1年)入学準備金:51,060円

申請方法

新型コロナウイルス感染防止の観点から、電子申請又は、郵送による申請にご協力をお願いします。

<電子申請での手続き>

期間 令和3年5月1日(土)~令和4年3月31日(木)
方法 QRコード又はURLから入り、電子申請手続完了後、返信されるメールから「令和3年度 寝屋川市就学援助受給申請」画面に進み、各項目に入力して下さい。

※申請を受け付けましたら、受理番号が自動送信されます。

URL https://s-kantan.jp/city-neyagawa-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=501
添付書類 振込を希望する保護者名義口座の銀行名、支店番号、口座番号、口座名義が記載されているページの写しのデータを添付して下さい。

<郵送での手続き>

期間 令和3年5月1日(土)~令和4年3月31日(木) ※3月31日(木)の消印有効
宛先 〒572-8555 寝屋川市本町1番1号 教育政策総務課(就学援助担当)
方法

「令和3年度寝屋川市就学援助受給申請書」及び「振込みを希望する口座の銀行名、支店名、口座番号、口座名義が記載されているページの写し」を郵送して下さい。

【注意】郵送での申請の場合、郵便の不着や遅延等の責任は一切負えません。万が一の郵便事故がご心配な方は、特定記録郵便又は簡易書留など記録が残る方法で郵送して下さい。

【注意】郵送の場合の申請受付の控え(受理証)の発行を省略します。

添付書類

受給申請書に必要事項を記入の上、振込を希望する保護者名義口座の銀行名、支店番号、口座番号、口座名義が記載されているページの写しを添付して下さい。

<窓口での手続き>

場所    教育政策総務課(寝屋川市役所 東館2階)
期間   令和3年5月1日(土)~令和4年3月31日(木) 9時00分~17時30分
方法   教育政策総務課で、申請用紙に必要事項を記入の上、保護者が直接申請してください。保護者様名義の通帳を必ずご持参ください。内容を確認の上、受付番号を記載し受付印を押した受理証をお渡しします。
持ち物 振込を希望する保護者名義口座の通帳またはキャッシュカードを持参して下さい。

*所得について*

・令和3年1月2日以降に寝屋川市に転入された方は、所得証明書等を提出してください。

・申請者(保護者)は令和2年分の所得がない場合についても、世帯全員が必ず市・府民税の申告を済ませておいてください。

 

申請手続き

1.申請様式に必要事項を記入して下さい。小学生と中学生がいる世帯でも提出する申請書は1枚です。(電子申請は、1世帯につき1回です。)
なお、令和2年度に就学援助費を受給していた方で、引き続き受給を希望される場合も新たに申請してください。
2.申請者(保護者)は、前年の収入の有無にかかわらず、令和3年度市・府民税の申告が必要です。なお、所得証明書を必要とする場合は、後日通知しますので提出してください。
3.令和3年1月1日現在、他市に在住の申請者(保護者)は、必ず次の書類のいずれか1通を申請書に添付して提出してください。(郵送可)
 ・令和2年分 給与所得の源泉徴収票の写し
 ・令和3年度 課税証明書
 ・そ の 他 令和2年分の総所得が証明される書類
 ※上記書類には、配偶者控除の有無、扶養人数が明記してあること
4.生活保護法による教育扶助を受けている方は、申請の必要はありません。

援助の認定

1.次のいずれかに該当する保護者を認定します。
・住民基本台帳に基づく世帯全員の前年総所得金額が、本市認定基準額以下の場合
・令和2年4月1日から申請時までに生活保護法による保護が停止又は廃止された場合
・生活保護法による教育扶助を受けている場合(修学旅行費・医療費のみ支給。申請は不要)
2.認否を決定しましたら、認否決定通知書(ハガキ)を送付します。
3.年度途中における転出及び教育扶助(生活保護)の受給等により援助の必要がなくなったときの廃止通知はしません。なお、再度就学援助を必要とする場合は、新たに申請してください。
※ 前年分の総所得額の不明、及び申請書記載事項の不備等により判定できない場合は、否認定となります。

令和3年度認定基準額<参考>

認定基準額は年度によって変わることがあります。また、世帯員の人数及び年齢により認定基準額が変わります。

世帯構成(例) 総所得額
2人世帯(35歳・9歳)の場合 1,898,674円
3人世帯(35歳・30歳・9歳)の場合 2,567,766円
4人世帯(40歳・35歳・14歳・9歳)の場合 3,274,208円
5人世帯(40歳・35歳・14歳・9歳・4歳)の場合 3,668,250円

※税制改正に伴い、2020年分(令和2年分)からは、給与所得者・年金所得者の場合、総所得から10万円を引いた額を認定基準額として用います。

援助の支給

1.支給額は、認定通知書(ハガキ)に記載。(年度途中における転出等により援助の必要がなくなったときは、当該月分までを支給します。)
2.援助費は、保護者が指定する金融機関口座に8月・12月・3月の3回に分けて振り込みます。
3.医療費については、随時、学校から発行される医療券により受診することで無料となります。
なお、就学援助費の受給申請をしてから認否決定されるまでに、学校病で医療券の援助を希望される方には、受理番号を学校に通知することにより医療券を発行します。後日認定されなかった場合は、医療券により受診することで無料となった医療費を早急に受診された医療機関へ支払ってください。医療券の発行を受けないで受診された場合は、援助の対象となりませんので、ご注意ください。
4.修学旅行費は、生活保護を受けている方についても修学旅行実施後に保護者に支給します。

その他

1. 生活保護法の教育扶助を受けている場合、申請の必要はありません。
(ただし、生活保護の停止又は廃止になった場合は、申請が必要です。)
2. 本制度を利用されても、学校へ毎月の学校諸費を納めてください。
3. 口座を変更する場合は、届け出が必要です。

令和3年度 就学援助制度案内(PDF:391.7KB)

令和3年度 受給申請書(PDF:228.9KB)

医療券についてのご案内(就学援助申請者用説明用紙)(PDF:179.2KB)

医療券発行申込書(就学援助申請者用)(PDF:166.4KB)

お問い合わせ
教育政策総務課
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号(市役所東館2階)
電話:072-813-0070
ファックス:072-813-0083
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2021年5月1日