現在の位置

新型コロナウイルス感染症の流行下における妊産婦支援

新型コロナウイルス感染拡大に伴う妊産婦の不安を解消するため、「妊婦への分娩前ウイルス検査助成事業」と、「妊産婦に対する寄り添い方支援事業」を始めます。

分娩前PCR検査等についてのお問合せ相談ダイヤル 06-7166-9988(専用)

妊婦への分娩前ウイルス検査等に対する助成

かかりつけ産婦人科医と相談し、本人が希望して分娩前にウイルス検査等を受ける場合、1回分(上限2万円)の費用を助成します。

対象者

分娩前で検査を希望する無症状の妊婦

注意!有症状者は対象外です。気になる症状がある方は、寝屋川市保健所にご相談ください。

寝屋川市新型コロナ受診相談センター072-829-8455

検査時期

分娩予定日2週間以内。ただし医師の判断で35週頃から可。

助成対象となる検査方法

「唾液を一定量容器に取る方法」または、「鼻から綿棒を入れて鼻の奥の粘液をぬぐう方法」により、採取した検体を用いたPCR検査

期間

令和2年7月27日から令和3年3月31日

検査を受けるにあたっての注意事項

検査を受けて、陽性と判定された場合、寝屋川市保健所の指示に従ってください。

検査についてのご質問、お悩み等は、妊婦健診を受けている産科医療機関に、ご相談ください。

大阪府内で検査を受ける方へ

大阪府内で検査を希望する場合は、寝屋川市での手続きは不要です。

  1. 妊婦健診を受けている産科医療機関等に検査受検について相談してください。
  2. 検査についての説明を受けたうえで、妊婦の方が検査を希望する場合は、PCR検査を実施します。(助成の費用は上限2万円です。上限を超える金額は自己負担となります。)

大阪府外で検査を受けた(る)方へ

他府県でPCR検査を希望する場合は、費用助成の手続きが必要です(検査の日に寝屋川市に住民票がある方)。ご不明な点は、子育て支援課までお問い合わせください。

  1. 妊婦健診を受けている産科医療機関等に検査受検について相談してください。
  2. 医療機関等へ検査説明書・申込書を提出してください。(医療機関に書類を置いている場合もあります。)
  3. 検査についての説明を受けたうえで、妊婦の方が検査を希望する場合は、PCR検査を実施します。(検査の費用は一旦自己負担となります。助成の上限2万円を超える金額は自己負担となります。)

申請期限

令和3年3月31日まで(3月に検査を受検する方は、子育て支援課にご相談ください。)

提出書類

●寝屋川市不安を抱える妊婦への分娩前ウイルス検査助成申請書兼請求書

 【裏面に添付】

 ・本人確認書類(運転免許証・マイナンバーカード等)

 ・金融機関口座確認書類の写し

 ・PCR検査領収書、明細書等の原本(写しでも可) または医療機関が発行した証明書

 

検査説明書・申込書(A4両面)(PDF:174.9KB)

分娩前ウイルス検査助成申請書兼請求書(A4両面)(PDF:249.6KB)

妊産婦に対する寄り添い型支援事業

感染により、自身やこどもの健康等に不安を抱える妊産婦に対し、訪問・電話相談支援を実施します。

対象者

感染からの回復後、健康面や出産後の育児などに不安を感じ支援を希望する方

内容

大阪府助産師会助産師が訪問や電話などで、専門的なケアや育児に関する支援を実施。(費用無料。)

または、寝屋川市保健師が相談支援を実施。

期間

令和2年7月27日から令和3年3月31日

新型コロナウイルス感染症の流行下における妊産婦支援(大阪府)(PDF:1.1MB)

新型コロナウイルス感染症に関する妊産婦総合対策事業の実施について(大阪府ホームページ)

お問い合わせ
子育て支援課
〒572-8533
大阪府寝屋川市池田西町28番22号(保健福祉センター2階)
電話:072-824-1181(代表)
ファックス:072-838-0428
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2020年7月22日