現在の位置

新型コロナウイルスに便乗した悪質商法等に注意してください!

【注意喚起】一律10万円の「特別定額給付金」等の給付についての不審なメールや電話に注意!(4/22更新)

政府が実施する一律10万円の「特別定額給付金」に便乗して個人情報や口座情報を聞き出そうとするメールが届いたという事例が寝屋川市内で発生しています。
特別定額給付金の具体的な給付方法等は検討中です。現時点で公的機関や事業者から個人情報や口座情報を電話やメールで問い合わせることはありません。
少しでもあやしいと感じたら、消費生活センターに連絡してください!給付金詐欺かもしれません

                                         (消費者庁資料)

【注意喚起】身に覚えのない商品の送り付けに注意!(4/17更新)

新型コロナウイルス感染症に便乗して身に覚えのない商品が送り付けられるという事例が寝屋川市内で発生しています。
少しでもあやしいと感じたら、消費生活センターに連絡してください!
消費者庁資料

(消費者庁資料)

新型コロナウイルス感染症に便乗した悪質商法に注意してください!

 

新型コロナウイルスの感染拡大に便乗して、悪質な訪問販売やオレオレ詐欺等様々な相談が全国の消費生活センターに寄せられています。
すぐに契約したり、不審な電話やメールに連絡しないようにしましょう。
 

相談事例

 ○市役所や実在の事業者になりすまして、「助成金がもらえる」といって個人情報を 聞き出す。

 ○「新型コロナウイルスでお金が必要」というオレオレ詐欺。

 ○マスクを無料送付するというお知らせがメールで届いた。

 ○「水道管がコロナウイルスに汚染されているので除染します」と連絡がきた。

アドバイス

 ○不審な電話はすぐに切りましょう。

 ○絶対に銀行口座の暗証番号を教えたり、通帳やキャッシュカードを渡してはいけません。

 ○他人に現金を渡してはいけません。

 ○市役所などの行政機関を名乗ったあやしい電話や、送信元が不明なメールには反応しないでください。

 ○「新型コロナウイルスが水道水に混ざっている」など根拠のない話には、絶対に耳を貸さないようにしてください。

もしトラブルにあったり、不安に感じたら

すぐに消費生活センターに相談しましょう。
通帳やキャッシュカードを渡してしまったのであれば、消費生活センターか警察にすぐに連絡してください。
契約をする、お金を渡す、お金を振り込む前に相談しましょう。

今後、状況に応じて新たな方法で勧誘が行われる可能性があります。
少しでも不審に思ったら、消費生活センターに相談してください。

 

新型コロナウイルスに関する情報

新型コロナウイルス感染症対策 マスクについてのお願い

消費者庁「新型コロナウイルス感染症の拡大に対応する際に消費者として御注意いただきたいこと」

国民生活センター「新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にご注意!」

お問い合わせ
消費生活センター
〒572-0041
大阪府寝屋川市桜木町5番30号
電話:072-828-0397
ファックス:072-838-9910
メールフォームによるお問い合わせ
(相談は、電話および来所での受付となります)

更新日:2020年4月22日