「オミクロン株に対応した寝屋川市新型コロナウイルス対策(市立学校園等・保育所感染)等に関する対処方針について

ページID: 5660

保育所職員に陽性が確認された場合の対応の見直しについて(5月6日)

保育所職員が陽性となった場合、当該職員が担当するクラスは「5日間のクラス休業」としていますが、感染状況を踏まえ、保育所職員の対応について変更します。また、民間保育園等についても同様の要請を行います。

なお、今後の感染状況等に変化が生じた場合は、対応を変更する場合があります。

変更内容

1.市保健所と協議の上、当該クラスの児童及び職員にPCR検査(スクリーニング検査(希望制))を実施します。当該クラスは、5日間の重点健康観察期間を設け、この間「家庭での保育を推奨」した上で、通常運営とします。

2.PCR検査で職員に新たな感染が確認された場合は、当該職員が担当するクラスの児童にPCR検査(スクリーニング検査(希望制))を実施します。当該クラスは、5日間の重点健康観察期間を設け、この間「家庭での保育を推奨」した上で、通常運営とします。

3.陽性者が複数(児童を含む。)となった場合は、クラス内の感染者数の「規模」や感染者の「症状」などにより、市保健所と協議の上、5日の範囲内でクラス休業の期間を決定する場合があります。

市立学校園及び保育所関係者等で発生した場合の対応を示したものです。

給食調理員(市立小学校・保育所)に発生した場合の対応を示したものです。

この記事に関するお問い合わせ先

防災課
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号(市役所本館3階)
電話:072-825-2194
ファックス:072-825-2633
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2022年03月18日