現在の位置

新型コロナウイルス対策(市立学校園等・保育所感染)に関する対処方針

新型コロナウイルスの感染に関し、市立学校園及び保育所関係者等で発生した場合の対応を示したものです。

寝屋川市新型コロナウイルス対策(市立学校園等・保育所感染)に関する対処方針(2020年11月24日)(PDF:133.8KB)

新型コロナウイルスの感染に関し、給食調理員(市立小学校・保育所)に発生した場合の対応を示したものです。

給食調理員(寝屋川市立小学校・保育所)が新型コロナウイルスに感染した場合の対処方針(PDF:106.1KB)

保護者の皆様へのお願い(1月22日)

 現在、新型コロナウイルスの感染の拡大する中で、「新型コロナウイルス対策に関する対処方針」の基準を超える感染者が出ており、一部の学校・保育園で休校・休園が行われています。

 この『休業中の学校や保育園の児童・生徒等の外出』について、お問い合わせをいただいております。差別につながらないために、休校・休園中の子ども達の外出の可否について整理しましたので、お知らせします。

 くれぐれもその学校園の児童・生徒に対して、差別につながるような偏見を持たれないようお願いします。

1【学級休業の場合】

児童・生徒の感染が確認され、クラス全員が濃厚接触者として、PCR検査を受ける場合は、当該クラスの児童・生徒は2週間の自宅待機となります。外出はお控えください。 

・授業のライブ配信があります。

・配食サービスがあります。(ご相談ください。)

・世帯に支援金を支給します。(世帯当たり1万円)

2【学年休業の場合】

複数のクラス等を担当する教員の感染が確認された場合、「学年休業」となります。全員の検査は行われませんが、感染の可能性を排除できないことから、学年の児童・生徒は健康観察のため、2週間の自宅待機を要請しています。外出はお控えください。

・授業のライブ配信があります。

・配食サービスがあります。(ご相談ください。)

・世帯に支援金を支給します。(世帯当たり1万円)

3【休校・休園の場合】

「同一時期」「同一校園」で小・中学校は3名以上、幼稚園・保育園は2名以上の感染が確認された場合は、2週間の休校・休園となります。感染が確認されたクラスは、全員がPCR検査を受検し、2週間の自宅待機となります。外出はお控えください。

なお、「感染拡大予防」のための休校であるため、『PCR検査を受けていない子ども達は自宅待機とはなっておりません。』(外出は可能ですが、現在、市から「外出自粛要請」が出ているため、不要不急の外出の自粛をお願いします。)

・授業のライブ配信があります。

・配食サービスがあります。(ご相談ください。)

《なお、自宅待機となる児童・生徒などが対象です。》

・世帯に支援金を支給します。(世帯当たり1万円)

4【自宅待機中の児童・生徒の兄弟姉妹について】

検査の結果、「陰性」が確認された児童・生徒の兄弟姉妹の登校・外出は差し支えありません。

(1)検査で一旦陰性が確認された児童・生徒が陽性である確率、(2)さらに当該

児童・生徒が兄弟姉妹に感染させる確率、(3)さらにその兄弟姉妹がクラスメートに感染させる確率を計算した場合、通常の市民生活での感染確率と違いはありません。

お問い合わせ
防災課
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号(市役所本館3階)
電話:072-825-2194
ファックス:072-825-0334
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2021年2月8日