現在の位置

今日から始める適塩生活

~食塩について知ることから始めましょう~

 

まずは、あなたの普段の食生活において、食塩をとり過ぎているかどうか

下のチェック表で確認してみましょう!

食塩摂取習慣チェック

チェックの数が多いほど食塩摂取量が多い食生活になっています。

食生活を見直して適塩生活を送りましょう。

なぜ適塩が必要?

適塩とは・・・食塩の適量摂取のことです。

食塩は、私たちが生きていく上で必要なものですが、継続的な食塩のとり過ぎは高血圧や胃がんを引き起こします。

高血圧状態が続くと、血管が傷ついて動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす危険が増すばかりか、腎臓病など様々な病気にかかるリスクが高くなります。

はちかづきコメント1

食塩のとり過ぎが招く病気

食塩のとり過ぎが招く病気

食塩のとり過ぎは様々な病気を引き起こす原因になります!

しかし、過度な減塩も危険です!特に多量の汗をかいた時などは、塩分の補給が必要になります。

1日の食塩摂取量の目標量を意識しながら、適塩生活を送りましょう!

はちかづきコメント2

日本人の1日の食塩摂取目標量

2020年より、1日の食塩摂取目標量が男性7.5g未満女性6.5g未満に設定されました。

国民健康・栄養調査によると、日本人の1日の平均食塩摂取量は男性11.0g女性9.3gであり、食塩をとり過ぎています!

日本人の1日の食塩摂取量の目標量

今日からできる適塩術

簡単に実践していただける『適塩術』をご紹介します!

調理する時や食べる時に、ぜひ取り入れてみてください。

いきなり無理な減塩をすると、食事が味気なく感じてストレスがたまり、なかなか長続きしません。

無理のない程度にうまく適塩術を取り入れ、1日の食塩摂取目標量を目指しましょう!

適塩術

カリウムを多く含む食品

野菜や果物を積極的に食べよう

野菜や果物などに多く含まれているカリウムには、余分なナトリウムの体外への排出を促す働きがあります。

※腎臓が悪い場合はカリウムのとり過ぎに注意が必要です。医師に相談しましょう。

食べ物に含まれる食塩相当量

私たちが普段口にしている食べ物には食塩が含まれています。

食べ物に含まれる食塩相当量を知り、多く含む食べ物ばかり食べないよう、頻度や量を調節し、

1日の食塩摂取量を上手にコントロールしましょう!

食べ物に含まれる食塩相当量

栄養成分表示をチェックしよう

商品パッケージに記載されている栄養成分表示で、食塩相当量が確認できます。

買い物をする時や食べる時は、栄養成分表示を見て、食塩相当量をチェックする習慣を身につけましょう!

栄養成分表示

単位に注意しましょう!

食品の単位は1袋、1個、100g当たりなど、食品によって異なります。

食塩相当量をチェックする時は、単位も一緒にチェックしましょう!

管理栄養士がご相談にお応えします!

個別に適塩についてのご相談がある場合は、お気軽にお電話ください。

保健総務課 担当:管理栄養士

月曜日~金曜日(祝日、年末年始を除く)

午前9時~午後5時30分

電話:072-829-7771(直通)

お問い合わせ
保健総務課
〒572-0838
大阪府寝屋川市八坂町28番3号(寝屋川市保健所)
電話:072-829-7771
ファックス:072-838-1152
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年11月6日