新型コロナウイルス感染症陽性になった方へ

ページID: 17612

重要なお知らせ

9月26日から、医療機関から保健所へ提出される発生届の届出対象となる方が限定されています。

また、発生届対象外の方で、自ら行った検査で陽性になった場合、陽性者登録センターへの登録により医療機関を受診せずに自宅療養を開始できます。詳しくは大阪府HP「陽性者登録センターへの登録について」をご覧ください。

発生届の対象者

医療機関を受診した陽性者のうち下記のいずれかに当てはまり、医療機関から保健所へ発生届が提出された方については、保健所から連絡(SMS等)を行います。

  1. 65歳以上の方
  2. 入院を要する方
  3. 重症化リスクがあり、かつ、コロナの治療(※)が必要な方
  4. 妊娠している方

(※)コロナの治療とは「コロナの治療薬」や「酸素投与」等を指します

1.~4.のいずれにも当てはまらない方については、保健所から連絡はありませんので、大阪府の「陽性者登録センター(別ウインドウで開きます)」へ登録をお願いします。

また、配食、パルスオキシメーターを希望される方は、陽性者登録センターに登録後、新型コロナウイルス感染症対策室(072⁻829⁻1210)へご連絡ください。

保健所からの連絡と健康状態の確認について

発生届の対象となる方のうち74歳以下で重症化リスクがない方には、保健所からの電話連絡を行わず、携帯電話のショートメールで相談先等の情報を伝え、原則、自宅療養とします。(療養解除の連絡はありません。)
 

健康状態の観察は、ショートメールで健康観察ツール(MYHER-SYSマイハーシス)をご案内しています。新規登録の上、健康状態を入力いただき、大阪府自宅療養者支援サイト(別ウインドウで開きます)を参考に自主的な感染対策等にご協力をお願いします。

ただし、65歳以上75歳未満の方で複数の重症化リスク(※)がある方や75歳以上の方、妊娠している方には、保健所から健康状態確認の電話連絡を行います。(調査対象のうち、MY HER-SYSの体調入力で症状が安定していると確認できた場合は電話による調査を行わない場合があります)

(※)重症化リスク因子となる疾病等:悪性腫瘍、慢性呼吸器疾患(COPD等)、慢性腎臓病、心血管疾患、脳血管疾患、喫煙歴、高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満(BMI 30以上)、臓器の移植・免疫抑制剤・抗がん剤等の使用その他の事由による免疫機能の低下、妊娠している方

自宅待機SOS

以下のような場合は大阪府自宅待機SOS自宅待機者等24時間緊急サポートセンター)へご相談ください。

  • 自宅療養中に体調が悪化した
  • 自宅療養中に医師の診察を受けたいので、医療機関を紹介してほしい
  • 自宅療養中だが、宿泊施設での療養を希望したい

自宅待機SOS(自宅待機者等24時間サポートセンター)
全日24時間受付
0570-055221
※通話料はご相談者のご負担となります。
※ナビダイヤルでのご案内となります。 

療養期間について

「発症日から7日間」が基本となります

症状がある(あった)方(人工呼吸器等による治療を行った場合を除く)は、次の2点を同時に満たした場合に、療養解除となります。

1.症状が出始めた日から7日間経過していること。

2.症状軽快後、24時間経過していること。

ただし、発症から10日経過するまでは、自身による健康状態の確認や高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること等、自主的な感染対策をしてください。

※症状軽快とは、解熱剤を飲まずに解熱しており、かつ、呼吸器症状が改善傾向(症状が無くなることではありません)にあることをいいます。

※症状が出始めた日を0日目として数えます。

(例)9月8日に発症した方は、上記2点を満たした場合、9月15日までが療養期間となり、9月16日から通常の生活に戻っていただけます。なお、9月18日までは自主的な感染対策をお願いします。


症状等によって延長する場合がありますので、毎日症状の確認をしてください。

入院している方(高齢者施設に入所している方を含む)

発症した日から10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間経過した場合、療養解除となります。なお、入院された場合の療養解除は、国の解除基準に基づき、入院先の医師が判断します。

無症状の方

無症状の方は、検体採取日を0日目として数え、7日間が療養期間となります。ただし、療養中に症状が出た場合は、その日を発症日とし、発症日から7日間が療養期間となります。

※なお、療養5日目に検査キットによる検査で陰性を確認した場合、5日間経過後(6日目)に解除が可能となります。検査キットは自費検査とし、薬事承認されたもの(「体外診断用医薬品」又は「第1類医薬品」と記載されているもの)を必ず用いてください(下記リンク先に記載の検査キットのみ有効です)

療養期間中の外出について

症状軽快してから24時間以上経過した方や、無症状の方については、「外出や人と接する時間を短時間にすること」「移動時は公共交通機関を使わないこと」「外出時や人と接する際には必ずマスクを着用すること」などの自主的な感染予防行動を前提に、食料品の買い出しなど必要最小限の外出を行うことは差し支えありません。

療養される方への支援

食料や衛生用品等の調達にお困りの方に対し、配食サービス(レトルト食品パッケージまたは、1日3食分の弁当を無料配達)、買物支援サービス(商品代は有料)を行います。
また、パルスオキシメーター(血液中の酸素濃度を測る小型機械)の貸出しを行います。

また、支援金・貸付など、個人向けの支援については以下を参考にしてください。

同居家族の方へ

同居家族の方は、陽性者の発症日または住居内で感染対策を講じた日のいずれか遅い方を0日目として、5日間は自宅待機をお願いします。

陽性者と隔離等が出来ている場合は、その日を0日目とします。

こちらのページもをご覧ください。

コロナの治療について

コロナの治療(治療薬の処方や酸素投与)については重症化リスクや症状に応じて医師が判断しますので、陽性と診断した病院やかかりつけ医、自宅待機SOS(自宅待機者等24時間サポートセンター・0570-055221)等にご相談ください。

医療費公費負担について

コロナウイルスの検査費用や療養中に受けた医療費(ホテルの宿泊費等や入院費用を含む(※))は公費負担の対象となります。一部自己負担が発生するものがありますので、詳しくは医療機関等、請求元にご相談ください。

※ホテルに入所する際には、専用のタクシーでホテルまで送迎いたします。
療養解除後にホテルからご自宅へ帰る際には、公共機関等を使ってご帰宅いただくため、この際の交通費は本人負担となります。

※一部アメニティ等は有料になります。ホテルのしおり又は入院の案内をご確認ください。

療養が終わられた方へ

パルスオキシメーターを返却してください。

パルスオキシメーターは新型コロナウィルス感染症で療養されている方の体調の変化や悪化を事前に察知するうえで非常に有効となる機器です。あなたの次に必要としている方に一日でも早く届けられるよう、貸出時に同封していたレターパックプラスの封筒を使用し、速やかな返却にご協力をお願いします。
外出が困難等、上記の方法で返却が困難な場合や、その他返却について、お問合せがある場合は、市保健所までご相談ください。

医療機関に入院された方には、保健所から書類を送付しております。

療養期間中に入院されていた場合は、必ずご提出いただきたい書類を送付していますので、ご記入の上、保健所へお送りください。

宿泊・自宅療養証明書について

よくある質問

この記事に関するお問い合わせ先

新型コロナウイルス感染症対策室
〒572-0838
大阪府寝屋川市八坂町28番3号(寝屋川市保健所)
電話:072-829-1210
電話:072-803-7515(自主的なPCR検査等費用の助成金担当)
ファックス:072-829-1247
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2022年09月26日