追加接種(3回目接種)について

ページID: 17390

予防接種法に基づく、新型コロナワクチン接種を受けることができる期間は、令和5331日(金曜日)までです。

国は令和5年4月1日(土曜日)以降の接種の方針を示していないため、 4月1日(土曜日)以降に接種を受けた場合、接種費用の個人負担などが発生する可能性がありますので、接種を希望する人は下記を参考に早めの接種を検討してください。
 

新型コロナワクチンの3回目接種は、オミクロン株対応ワクチン接種となります。

オミクロン株対応ワクチン接種に関する詳細は、こちらのページをご覧ください。

オミクロン株対応ワクチンの接種が可能な医療機関は、こちらのページをご覧ください。

 

※オミクロン株対応ワクチン接種を希望される方は、未使用の3回目用接種券(緑色の封筒)は使用せず、破棄してください。

 

従来型ワクチンによる追加接種(3回目接種)について

接種対象者

新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)の対象は、以下を全て満たす方全員です

・12歳以上の方

・日本国内での初回接種(1・2回目接種)又は初回接種(1・2回目接種)に相当する接種(※1)が完了している方

・2回目接種を完了した日から、一定期間(※2)が経過した方

 

(※1)次の方が、初回接種(1・2回目接種)に相当する接種を受けた方となります。ただし、日本で初回接種について薬事承認されている、ファイザー社ワクチン(5~11歳用を含む。)、モデルナ社ワクチン、アストラゼネカ社ワクチン、武田社ワクチン(ノババックス)のいずれかを接種している場合に限ります。(※3)

(ア) 海外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した方

(イ) 在日米軍従業員接種で2回接種した方

(ウ) 製薬メーカーの治験等で2回接種した方

(エ) 海外で2回接種した方

 

(注)ヤンセンファーマ社のワクチンにおける初回接種は1回です。海外で1回接種が完了している場合、日本では2回目接種が完了しているものとみなし、海外で2回接種が完了している場合、日本では3回目接種が完了しているものとみなします。

また、上記のいずれかの方法で1・2回目の接種を受けられた方で、3回目の接種を寝屋川市の接種券を使って受けようと考えている方は、市ホームページ「電子申請システム」又は郵送で申請してください。

 

(※2)「一定期間」は、3回目に接種するワクチンによって異なります。それぞれ下記のとおりです。

・ファイザー社ワクチン、モデルナ社ワクチン:3か月以上

 

(※3)復星医薬(フォースン・ファーマ)/ビオンテック社製の「コミナティ」並びにインド血清研究所が製造する「コビシールド(Covishield)」及び「コボバックス(COVOVAX)を含みます。

 

厚生労働省からのお知らせ

この記事に関するお問い合わせ先

寝屋川市新型コロナワクチンコールセンター
電話:072-825-2007(通話料がかかります)
ファックス:072-820-2088
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2022年12月01日