追加接種(3回目接種)について

ページID: 17390

接種場所(1回目・2回目・3回目)に関する情報はこちらをご覧ください。

 

令和3年12月から医療従事者等に対する追加接種(3回目接種)が開始されています。

追加接種(3回目接種)については、新型コロナワクチンの2回目接種を終えられて、原則8か月以上経過した方に順次接種を行うとしていましたが、

今般の新たな変異株の発生等の状況を踏まえ、国から新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)について、前倒しする場合の考え方が示されました。

 

接種対象者

新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)の対象は、以下を全て満たす方全員です

・18歳以上の方

・日本国内での初回接種(1回目・2回目接種)又は初回接種(1回目・2回目接種)に相当する接種(※1)が完了している方

・2回目接種を完了した日から、次の表の接種間隔を経過した方

対象者区分

2回目接種完了からの

接種間隔

1.医療従事者等や重症化リスクの高い高齢者施設入所者等

6か月以上経過
2.上記1以外の65歳以上の人

(1)7か月以上経過(令和4年2月)

(2)6か月以上経過(令和4年3月以降)

3.上記1以外の18歳から64歳までの人

(1)8か月以上経過(令和4年2月)

(2)7か月以上経過(令和4年3月以降)

 

(※1)次の方が、初回接種(1回目・2回目接種)に相当する接種を受けた方となります。ただし、日本で薬事承認されている、ファイザー社ワクチン、武田/モデルナ社ワクチン、アストラゼネカ社ワクチンのいずれかを接種している場合に限ります。

(ア) 海外で2回接種した方

(イ) 海外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した方

(ウ) 在日米軍従業員接種で2回接種した方

(エ) 製薬メーカーの治験等で2回接種した方

 

また、上記のいずれかの方法で1・2回目の接種を受けられた方で、3回目の接種を寝屋川市の接種券を使って受けようと考えている方は、市ホームページ「電子申請システム」又は郵送で申請してください。

 

 

 

~特に接種をお勧めする方は次のとおりです~

高齢者、基礎疾患を有する方などの「重症化リスクが高い方」

重症化リスクが高い方の関係者・介助者(介護従事者など)などの「重症化リスクが高い方との接触が多い方」

医療従事者などの「職業上の理由などによりウイルス曝露リスクが高い方」

 

追加接種(3回目接種)の接種券について

追加接種(3回目接種)に必要な接種券は、初回接種(1回目・2回目)と様式が変わります

・緑色の封筒で届きます

・接種券と予診票が一体型(A3)になります

(令和3年12月・令和4年1月発行分は異なります)

緑の封筒

▲緑色の封筒のイメージ

3回目イメージ▲追加接種(3回目)接種券のイメージ

 

※予診票の記入例はこちらを確認してください。

追加接種(3回目接種)の接種券の発送時期

今般の新たな変異株の発生等の状況を踏まえ、国からの新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)について、前倒しする場合の考え方が示されたことに伴い、接種券の発送スケジュールが変更となる可能性があります。

変更があり次第、このページ等でお知らせします。

 

2回目を接種してから、8か月を経過する日までに接種券を順次発送しています(令和4年1月14日現在)

毎週水曜日(水曜日が祝日の場合は木曜日)に、翌日の木曜日から翌週の水曜日までに8か月を経過する人に発送しています。

接種券発送スケジュール

(例)6月1日に2回目を接種した人は、8か月経過した日が2月1日(火曜日)となるため、1月26日(水曜日)に接種券を発送します

 

1.医療従事者等

各接種医療機関に体制の確保をお願いし、ワクチン配給を行い、接種が始まっています。

2.高齢者施設等の入所者及び従事者

各施設及び関係機関と連携し、2回目接種後6か月以上経過された方々への接種に向けて、接種体制を構築し、準備を進めています。

※上記1又は2に該当される方については、接種券が届いていない状態でも接種可能である旨の通知が国から発出されていますが、接種券なしでの接種が難しい場合は、下記寝屋川市新型コロナワクチンコールセンターまでご連絡ください。

 

3.上記1,2以外の高齢者等

令和4年2月以降に2回目接種後7か月以上経過される方々には、1月下旬から順次接種券をお届けする予定です。

 

この記事に関するお問い合わせ先

寝屋川市新型コロナワクチンコールセンター
電話:072-825-2007(通話料がかかります)
ファックス:072-820-2088
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2022年01月14日