現在の位置

64歳以下の基礎疾患を有する人

64歳以下の基礎疾患を有する人の接種について

接種を希望する人は事前申告する必要があります。

現在、シルバー世代(65歳以上の高齢者)の新型コロナワクチン接種を進めていますが、シルバー世代の次に基礎疾患を有する人の接種がスタートします。市では、ワクチンの供給量を踏まえ、市独自の接種順位に基づき、順次、接種券を発送しており、接種を希望する基礎疾患を有する人でまだ接種券が届いていない人は、事前申告が必要です。必ず、郵送又はオンラインで申請してください。 

接種券がすでに届いている場合は、基礎疾患についての事前申告は不要です。

基礎疾患を有する人はAまたはBに該当する人です。

A.次の1.~14.の病気や状態の人で、通院又は入院している人

  1. 慢性の呼吸器の病気
  2. 慢性の心臓病(高血圧を含む)
  3. 慢性の腎臓病
  4. 慢性の肝臓病(肝硬変など)
  5. インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
  6. 血液の病気(鉄欠乏性貧血を除く)
  7. 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む)
  8. ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  9. 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  10. 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害など)
  11. 染色体異常
  12. 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  13. 睡眠時無呼吸症候群
  14. 重い精神疾患〈精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合〉や知的障害(療育手帳を所持している場合)

B.BMI(肥満度を表す体格指数)が30以上の肥満の人
BMI=体重(キログラム)÷身長(m)÷身長(m)
例)身長165cm・体重100kgの人⇒100÷1.65÷1.65=36.7 ⇒該当

接種までの流れ 6月1日から手続き開始

接種を希望する人は事前申告する必要があります。

事前申告

AまたはBのいずれかの方法で申請してください。

A 郵送
申請書を郵送
【提出先】寝屋川市 新型コロナウイルス感染症対策室 ワクチン担当
            〒572-0831 寝屋川市豊野町15番10号(寝屋川市役所別館2階)

•市内公共施設で申請書を配布
5月17日(月)から市役所本庁、各シティステーション、各コミュニティセンター、市立保健福祉センター、市立池の里市民交流センターに配架します。

•市ホームページでダウンロード

事前申請書(EXCEL:91.5KB)

事前申請書(PDF:77.3KB)

記載例(PDF:110.6KB)

※いずれの方法でも入手できない場合はコールセンター(072・825・2007=通話料がかかります)に問い合わせてください。申請書を送付します。

B オンライン
1.「電子申請システム」から申請

2.申請後、市から通知が届きます。

3.ワクチンが確保でき次第、接種券・予診票を発送
※申請の段階で新型コロナワクチンが確保できている場合、通知なしに接種券・予診票が届く場合があります。

予約

  • かかりつけ医が市内の医療機関の場合、ご自身のかかりつけ医に相談してください。
  • かかりつけ医が市外の医療機関の場合、別途手続きが必要となることがあります。当該医療機関が所在する市町村に問い合わせてください。
    ※ご自身のかかりつけ医が新型コロナワクチン接種を行っていない場合は、コールセンター又はオンラインで予約してください。
お問い合わせ
寝屋川市新型コロナワクチンコールセンター
電話:072-825-2007(通話料がかかります)
   ※電話のかけ間違いには十分に注意してください。
ファックス:072-820-2088
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2021年5月26日