集団接種訓練を実施しました

ページID: 6072

 寝屋川市は、3月14日(日曜日)、市医師会、市薬剤師会、地域の方々の御協力の下、新型コロナウイルスワクチンの接種に備え、集団接種の訓練を実施しました。

 当日は、体育館の半分ほどのスペースで、会場設営から受付・問診・接種など接種の手順や、薬を飲んでいる人の相談、接種後に体調が悪くなった人への対応などを確認するとともに、所要時間を検証しました。

 市では、市内医療機関での「個別接種」と公共施設等で実施する「集団接種」の準備を進めています。現時点で、ワクチンの供給量が少量であることから、4月以降の集団接種の実施時期や場所は未定ですが、安全・迅速・確実かつ円滑なワクチン接種ができるよう、課題を改善した上で本番の運営に活用します。

参加者数

 医師10人、看護師5人、薬剤師4人、地域住民22人、市職員29人

参加者からの声

  •  ワクチンの接種に対する漠然とした不安があったが、参加することで解消された。
      周りにも接種を推奨したい。
  •  服装によっては接種に時間がかかるので、すぐに接種できるような服装で臨みたいと思う。

受付の様子

被接種者が会場の受付にて用紙を提出している様子の写真

薬剤師による問診の様子

被接種者が提出した問診票を薬剤師の方が確認している写真

医師による予診の様子

ワクチン接種前に医師の診断を受けている写真

看護師によるワクチン接種の様子

被接種者が椅子に座り服の袖をまくり、看護師の方が接種をしている写真

この記事に関するお問い合わせ先

寝屋川市新型コロナワクチンコールセンター
電話:072-825-2007(通話料がかかります)
ファックス:072-820-2088
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2021年07月01日