新型コロナウイルス感染症に対する支援について(令和3年4月議会補正予算)

ページID: 8424

寝屋川市 新型コロナウイルス感染症対応「4月議会補正予算」

総事業費 711,831千円(一般財源378,273千円)
(注釈)一般財源は財政調整基金を活用。

事業一覧

(1)新型コロナウイルスワクチン接種体制確保事業【健康部】

事業費 303,855千円
(一般財源:303,855千円)

集団接種会場等を拡充する。
増設会場:市立小学校の体育館(8校ずつ巡回型で24小学校に設置予定)。
拡充内容:5月22日から9月30日までの毎週土・日曜日に開設。

(2)新型コロナウイルスワクチン接種加速化支援事業(高齢者ワクチン接種促進支援)【健康部】

事業費 31,899千円
(特定財源:25,649千円、一般財源:6,250千円)

シルバー世代で交通手段の確保が困難である市民に対して、タクシー利用の初乗り料金(4回分)を支援する。

(3)重度障害者タクシー基本料助成事業の追加【福祉部】

事業費 5,526千円
(特定財源:4,443千円、一般財源:1,083千円)

重度障害者(児)タクシー利用券交付事業を利用されている市民に対して、タクシー券(4回分)を増配する。

(4)保育所・幼稚園・小中学校従事者等定期検査事業【健康部】

事業費 317,142千円
(特定財源:255,006千円、一般財源:62,136千円)

市立学校教職員、保育所、幼稚園、留守家庭児童会、市立児童デイサービスセンター等の業務従事者を対象に、ワクチン接種完了が見込まれるまで定期的(月2回)なPCR検査を実施する。
対象者想定数:4,250人

(5)濃厚接触者等健康観察支援の追加補正【健康部】

事業費 28,147千円
(特定財源:28,147千円)

配食・買い物支援サービスの利用見込を拡大するとともに、配食サービスの単価を見直すことで、事業の安定化を図る。

(6)家庭内感染防止緊急避難支援事業【健康部】

事業費 25,262千円
(特定財源:20,313千円、一般財源:4,949千円)

家庭内で十分な感染防止対策を講じることが困難な場合などによる家庭内感染の防止を図るため、市内ホテル等を緊急避難宿泊施設として確保する。

更新日:2021年07月01日