ふるさと大使豪栄道関に市民栄誉賞授与

ページID: 5385

郷土の誇り 感動をありがとう

 令和2年2月28日、先日現役を引退されたふるさと大使の澤井豪太郎氏(元大関豪栄道関改め武隈親方)に市初の市民栄誉賞を授与しました。
 授与式では、市から賞状や盾などを贈呈し、これまで応援してこられた寝屋川市商業団体連合会からはカッターシャツの仕立券、JA北河内とJA九個荘からは米合計60キログラムが贈呈されました。その他、全国から寄せられた約200通のメッセージも手渡されました。
 また、これまでの活動や皆さんからのメッセージをまとめた動画が上映されました。

贈呈した記念品など

記念品

 表彰状、盾、「市民栄誉賞」と刻まれた筆記具(寝屋川市から)

お祝いの品

  • カッターシャツ仕立券 (寝屋川市商業団体連合会から)
  •  米 30キログラム (北河内農業協同組合から)
  •  米 30キログラム (九個荘農業協同組合から)

武隈親方のコメント

 この度は栄誉ある賞をいただき、身に余る光栄です。これまで支え、応援していただいた方々に心から感謝します。今後は親方として後進の指導、育成に尽力しますので、引き続き応援してください。

広瀬市長のコメント

 市民に大きな感動をいただき、またその戦う姿勢は特に若い世代、子どもたちにも勇気と希望を与えてもらいました。さらに寝屋川市ふるさと大使として市の名前を全国に広めていただき、心から感謝しています。今後は後進の指導に当たられ、横綱をしっかりと育てていただきたいと思います。

元大関豪栄道関改め武隈親方と市長が2人で盾を持って立っている写真
武隈親方がマイクを持って話をしている写真
両手に贈呈された米を持っている武隈親方とスーツを着た2名の男性、寝屋川市のマスコットキャラクターとの集合写真

これまで応援してこられた地域の方々からカッターシャツの仕立券や米合計60キログラムが贈呈されました。

カッターシャツの仕立券を持っている武隈親方とスーツを着た2名の男性、寝屋川市のマスコットキャラクターとの集合写真
沢山のマスコミ関係者が長机の席に座っており、後方に設置した2台のカメラでカメラマンが撮影をしている写真

たくさんのマスコミが取材に訪れました。

武隈親方と市長が一緒にメッセージ集を持っている写真

 

市ホームページで集めたメッセージ集もお渡ししました。

席についている武隈親方とその後方に立っている2名の男性とひとりの女性が前方に映し出されたスクリーンを見ている写真

動画を見る武隈親方

この記事に関するお問い合わせ先

企画三課
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号(市役所本館2階)
電話:072-813-1146
ファックス:072-825-0761
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2021年07月01日