現在の位置

総合センターのアスベスト対策について

寝屋川市は、大阪府北部地震で被災した市総合センター機能の一部を移転しました(移転先は、隣接の保健福祉センター、池の里市民交流センター等)。同センターは、地震による天井の破損によりアスベストが露呈するなどしており、今後、同程度以上の地震が発生した場合に、アスベスト被害による行政サービス停止の可能性があったため、平成31年3月(2019年3月)に閉鎖しています。なお、同センターは、定期的にアスベスト気中濃度調査を実施し、安全性を確認しています。

<これまでの経過>

2018年

6月18日

大阪府北部地震により総合センター4階の天井の一部が損傷、中央公民館と中央図書館の休館を決定

6月20日

総合センター4階部分の天井の飛散防止措置、総合センター4階及び2階講堂危険部分の立ち入り禁止措置の実施

中央図書館の事務室を4階から保健福祉センター1階に移転

6月21日

中央公民館の事務所等を保健福祉センターへ移転決定(7月3日までに移転完了)

6月23日・

27日

総合センターのアスベスト気中濃度調査を実施

いずれも基準値以下で、安全性を確認

6月25日

総合センターのアスベスト含有率分析調査(3検体調査)を実施

(3検体について、アスベスト(0.1%を超えるもの)が検出)

7月6日

総合センター・保健福祉センターにある各所属等に対し、市民及び職員用として避難時マスクを配布

7月14日~

18日

総合センターを除くアスベストを使用している28施設のアスベスト気中濃度調査を実施(いずれも基準値以下で、安全性を確認

7月16日・

  17日

総合センターのアスベスト含有率分析調査(33検体調査)を実施(19検体について、アスベスト(0.1%を超えるもの)が検出)

7月23日

公共施設の在り方調査特別委員会の設置(市議会)

8月22日

公共施設の在り方調査特別委員会第一次報告書の提出(市議会)

9月12日

総合センターの機能移転等に係る費用を9月市議会定例会に補正予算として計上

9月18日

4常任委員会の連合審査会にて審査(市議会)

総務常任委員会にて可決(市議会)

9月21日

9月市議会定例会本会議において、補正予算(総合センターの機能移転等に係る費用)が可決

2019年

1月

総合センターアスベスト対策等調査に着手
3月24日 総合センター機能の一部の移転が完了
6月5日 総合センターのアスベスト気中濃度調査を実施(基準値以下で、安全性を確認
6月 総合センターアスベスト対策等調査が完了(アスベスト対策等のコストや施設の活用可能性等を専門的見地から検討)
9月13日 公共施設の在り方調査特別委員会第二期第一次報告書の提出(市議会)

2020年

3月12日

総合センターのアスベスト気中濃度調査を実施(基準値以下で、安全性を確認

総合センターのアスベスト含有率分析調査(4検体調査)を実施(4検体について、アスベスト(0.1%を超えるもの)が検出)

5月11日 公共施設の在り方調査特別委員会第二期第二次報告書の提出(市議会)
6月 6月市議会定例会本会議において補正予算(総合センター解体工事の設計に係る費用)が可決
10月19日 総合センターのアスベスト気中濃度調査を実施(基準値以下で、安全性を確認
お問い合わせ
福祉総務課
〒572-8566
大阪府寝屋川市池田西町24番5号(池の里市民交流センター内)
電話:072-838-0171
ファックス:072-838-9800
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2021年3月16日