現在の位置

子どもの悩みはこども相談担当へ

「育児の相談相手がいなくて、ついつい子どもにあたってしまう」
「小学校の3年生なのに夜尿がある。昼間もおしっこを漏らしてしまう」
「朝になると頭が痛い、おなかが痛いといって学校に行けない」
「小学校4年生の男子、がさがさして落ちつきがない」
「幼稚園では友だちと遊べないで、いつもひとりぼっち」

といった様々な子ども(18歳未満)の相談を受けています。

臨床心理、社会福祉を学んだカウンセラーが、相談に応じます。

場所

こどもを守る課 こども相談担当(池田西町28番22号保健福祉センター4階)

相談日時

月曜日~金曜日(祝日、12月29日~1月3日を除く)9時~17時30分

対象

寝屋川市在住の18歳未満の子どもと保護者

相談内容

  • 育児やしつけ
  • 子どもの性格や生活習慣
  • 発達やことばの遅れ
  • 保育所・幼稚園・学校での生活
  • いじめ
  • 非行(夜遊び、盗み、シンナー、家出)
  • 心身の障害

                        など

申込方法

予約制です。まずは電話でお申し込みください。

電話:072-838-0181(直通)
受付時間:月曜日~金曜日(祝日、12月29日~1月3日を除く)9時~17時30分

  • 相談は無料です。
  • 相談内容に関する秘密は厳守いたします。

相談方法

面接

おもに1対1で、保護者あるいは子どもに対する相談面接

遊戯療法

遊びを通して、子どもが問題を解決する力を養う治療指導

訪問

必要に応じて、家庭・保育所・幼稚園・学校などへ訪問

検査

発達・心理テストなどを実施

相談方法の一例

箱庭療法

人形や家具、建物、動物、乗物などのミニチュアを、大きな箱の砂の上に自由に置いて、心の世界を表現します。
言語では表現しえない内面の世界を、相談員(セラピスト)と子どもの心の交流を通して砂の上に表わし、心を癒していくという心理療法の1つです。

箱庭療法の画像

交通案内

  1. 京阪電車寝屋川市駅下車太間公園行バス10分。
    市立総合センター東口バス停下車、保健福祉センター4階
  2. 京阪電車寝屋川市駅下車タクシー5分、市立総合センター下車

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ
こどもを守る課(こども相談担当)
〒572-8533
大阪府寝屋川市池田西町28番22号(保健福祉センター4階)
電話:072-838-0466(虐待相談担当)、072-838-0181(いじめ相談担当)
ファックス:072-839-6767
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2016年4月1日