現在の位置

豪栄道関へのメッセージを受け付けています

 市出身の大相撲力士・豪栄道関が引退されることを受け、市ホームページでメッセージを受け付けています。


 市立明和小学校在校時に相撲と出会い、2016年9月場所では、大阪出身力士として86年ぶりの優勝を全勝で飾りました。また、寝屋川市ふるさと大使としても活躍。「大和魂」で戦う姿は、私たちに夢や希望、誇り、感動を与えてくれました。
 集まったメッセージは豪栄道関本人へお送りします。豪栄道関をいつも応援していた人や、豪栄道関が活躍する姿に勇気付けられた皆さん、温かいメッセージや感謝の言葉を送りませんか?

 メッセージは下のリンクから受け付けています。

引退を表明された豪栄道関へのメッセージを募集します

関係者からのメッセージ

寝屋川市長 広瀬慶輔

 初土俵から15年という長きにわたり大相撲という大舞台で御活躍され本当にお疲れ様でした。また、平成25年度からは、「寝屋川市ふるさと大使」として、本市の名を全国に広めて頂き、まさに、「豪栄道と言えば寝屋川市」「寝屋川市と言えば豪栄道」という、市の誇り、市民に愛されるスーパースターです。
 平成28年の9月場所の全勝優勝は大阪出身力士としては86年ぶり優勝という快挙を成し遂げ、私自身、その戦う大和魂の姿勢に心を打たれました。
 また、市としても、知名度向上など功績が大きいと考え、市初の市民栄誉賞の授与を検討していきたいと思います。
 1ファンとして寂しさが残るものの、これまでの功績に敬意を表すとともに、市民を代表して感謝し、今後の新たなステージでの御活躍を期待しています。

中学校3年生のときの担任・酒井紀雄先生(現・寝屋川市立明和小学校長)

  中学校3年生のときの相撲の全国大会での活躍を聞いて、澤井豪太郎(豪栄道関)くんの実力を初めて知りました。当時の澤井くんは、同級生の中で体のサイズとしては一番大きかったわけですが、相撲界で通用するとはとても思えないくらいの体格でした。彼の立派なところは、中学校3年生のときに私に語ってくれた人生設計を有言実行したことです。それは、「高校相撲の強豪校に進学して、最終的には角界に入ること」でした。相撲を本格的に始めてから現在に至るまで、私にとってうれしい「まさか」がいくつもありました。高校横綱になったこと、角界に入ったこと、関取になったこと、幕内に昇進したこと、大関になったこと、そして優勝したことです。これらの「まさか」が起きるまでには、きっと体づくりや稽古に真摯に向き合い、一所懸命努力してきたからだと思います。
 今後は親方になると聞いています。相撲の指導に留まらず、「一人ひとりの人間を育てる」ということを忘れないで指導してほしいと思います。

お問い合わせ
企画三課
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号(市役所本館2階)
電話:072-813-1146
ファックス:072-825-2637
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年1月28日