現在の位置

高宮ポンプ場整備事業のシールドマシンが完成

浸水からまちを守る「高宮ポンプ場整備事業」

 高宮ポンプ場整備事業は、地盤が低い地域の浸水被害を防ぐため、直径1.65~2.60メートル下水道管をシールド工法で整備し、そこを通った雨水をポンプ場でくみ上げて讃良川に流すもので、平成29年11月、シールドマシンが完成し、北川市長が工場を視察しました。

 平成30年3月から発進立坑(小路南町)から到達立坑(秦町)までの約1.8キロメートルを掘り進めます。

                                                  シールド工法って?

   トンネルの掘削機「シールドマシン」を地中に掘進させ、土砂の崩壊を防ぎながら安全に「セグメント」と呼ばれる内側の壁を組み立て、下水道管を造っています。

 

 

お問い合わせ
工務課
〒572-0832
大阪府寝屋川市本町15番1号(上下水道局2階)
電話:072-824-1181(代表)
ファックス:072-825-2634
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2017年11月28日