現在の位置

ごみ減量・プロジェクト ~“1万トン減らそう”未来のために‼~

ごみ減量・プロジェクト ~“1万トン減らそう” 未来のために!!~

 平成27年度の焼却ごみ量は、58,340トンで平成31年度の計画値48,099トンと比較すると約10,000トン超過しています。

 このため、平成29年度から平成31年度の3か年で、焼却ごみ量10,000トンの減量にご協力お願いします。

焼却ごみ量

3つの取り組みで、1万トンのごみ減量ができます!

 

円グラフ

 

 

 

 

 

 

詳細は ごみ袋 をクリック!

 

1 生ごみの水切りの実践

  生ごみに含まれている水分・・・約2,300トン(約80%の水分を約60%にする)     生ごみごみ袋

 

 

 

 

 

2 食品ロスの削減

  可燃ごみに含まれている手付かず食品・・・約2,300トン

食品ロスごみ袋             

 

 

 

 

3 雑紙の分別

  可燃ごみに含まれているリサイクル可能な紙類・・・約5,500トン   

       雑紙ごみ袋    

    

 

 

 

    

ごみ排出状況・焼却状況・資源集団回収状況

ごみ排出状況(資源集団回収を除く)

●平成30年度は対前年度比年間削減量約4,700トンを目指していましたが、災害でごみが増えたため、 約1,400トン 増加しました。            

     (単位:トン)

  平成29年度 平成30年度 増減量
4月 5,305 5,493 +188
5月 6,143 6,058 -85
6月 5,542 5,638 +96
7月 5,462 5,956 +493
8月 5,825 5,639 -187
9月 5,445 5,850 +405
10月 5,698 6,090 +392
11月 5,436 5,564 +128
12月 6,056 6,051 -6
1月 5,351 5,407 +56
2月 4,606 4,681 +76
3月 5,556 5,392 -164
合計 66,426 67,817 +1,392

※表の数値は、小数点以下の四捨五入により合計が一致しない場合があります。

ごみ焼却状況

●平成30年度は前年比年間削減量約4,000トンを目指していましたが、災害でごみが増えたため、 約1,200トン 増加しました。             

  (単位:トン)

  平成29年度 平成30年度 増減量
4月 4,692 5,015 +322
5月 4,734 4,725 -9
6月 4,826 5,285 +459
7月 4,546 5,032 +485
8月 4,795 4,448 -347
9月 4,770 4,908 +137
10月 4,787 4,977 +190
11月 4,739 4,638 -101
12月 4,633 5,473 +840
1月 4,874 4,380 -494
2月 4,559 4,177 -383
3月 4,095 4,196 +102
合計 56,051 57,253 +1,202

※表の数値は、小数点以下の四捨五入により合計が一致しない場合があります。

資源集団回収状況

                                             (単位:トン)

  平成29年度 平成30年度 増減量
上半期(1~6月) 3,067 2,938 -129
下半期(7~12月) 2,951 2,924 -27
合    計 6,019 5,861 -158

※表の数値は、小数点以下の四捨五入により合計が一致しない場合があります。

 

平成30年度下半期の回収量・報奨金(1団体当り)

  回収量(トン) 報奨金(千円)
最  高 47 283
平  均 9 53
最  低 180(キログラム) 1

※表の数値は、小数点以下の四捨五入により回収量と報奨金が一致しない場合があります。

※市から交付する報奨金のほか、取引業者からの売払金もあります。

寝屋川市資源集団回収活動報奨金交付制度について

資源集団回収活動ニュース・事業所への協力依頼(文例)

お問い合わせ
環境総務課
〒572-0855
大阪府寝屋川市寝屋南一丁目2番1号(クリーンセンター6階)
電話:072-824-0911
ファックス:072-821-3349
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年4月15日