現在の位置

気を抜かないで インフルエンザ

 インフルエンザの警報は解除されましたが、まだまだ注意が必要です。

 インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。風邪とは異なり、感染力が強く、全身症状が比較的急速に現れることが特徴です。

 特に乳幼児はまれに急性脳症を発症し、高齢者や免疫力の低下している人は肺炎を伴う等、重症になることがあります。また、持病を持つ人は、インフルエンザの重症化や持病自体の悪化につながる可能性があります。

インフルエンザの症状が出るまで

 インフルエンザの感染は、インフルエンザウイルスが口や鼻から体の中に入ってくることから始まります。

 インフルエンザウイルスに感染すると、体の中でインフルエンザウイルスが増え、一定の期間を経て(潜伏期間:1日~5日)インフルエンザを発症します。

主な症状

喉の痛み・鼻水・咳など普段の風邪と同様の症状と合わせて以下の症状が現れます。

  • 38度以上の発熱
  • 頭痛・関節痛・筋肉痛
  • 全身の倦怠感

予防方法

咳エチケット

 インフルエンザに感染する機会の多くは、咳やくしゃみの時に出来る小さな水滴(飛沫)を浴びることです。(飛沫感染)

  • 普段から、咳やくしゃみを他の人に向けて発しないこと
  • 咳やくしゃみが出るときには、マスクを着用すること
  • 鼻水や痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱へ捨て、手のひらなどで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐに手を洗うこと

 飛沫感染の対策では、マスクが重要です。特に感染者がマスクをする方が、感染予防の効果が高いと言われています。

外出後の手洗い・うがい

 流水と石鹸による手洗いは、インフルエンザウイルスを除去するのに有効な方法です。また、インフルエンザウイルスはアルコールによる消毒でも効果が高いので、アルコール製剤の使用も効果的です。

 乾燥などで手が荒れていると、しわやかさつく部分にウイルスが残りやすくなるので、手の保湿にも心がけましょう。

手をしっかり洗いましょう(大阪府HP)

適度な室温の保持

 空気が乾燥すると、喉(気道粘膜)の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。

 特に暖房機器の使用で乾燥しやすい室内は、加湿器などを利用して適切な湿度(50~60%)を保つことも有効です。

十分な休養とバランスのとれた食事

 体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた食事を日ごろから心がけましょう。

人混みや繁華街への外出を避ける

 インフルエンザが流行してきたら、特にご高齢の方、持病のある方、妊婦の方、疲労気味もしくは睡眠不足の方は、人混みや繁華街への外出を控えましょう。

 やむを得ず外出する場合は、マスクを着用し、人混みに入る時間を極力短くしましょう。

平成28年度インフルエンザQ&A(厚生労働省HP)

インフルエンザ関連情報(大阪府感染症情報センターHP)

インフルエンザを予防しよう(大阪府HP)

お問い合わせ
健康推進室
〒572-8533
大阪府寝屋川市池田西町28番22号(保健福祉センター2階)
電話:072-824-1181(代表)
ファックス:072-838-0428
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2017年3月1日