現在の位置

ねや川戎・住吉神社

寝屋川市の歴史

寝屋川市の文化財

ねや川えびす(ねやがわえびす)・住吉神社(すみよしじんじゃ)

住吉神社

住吉神社は古来三社大明神といい、祭神は住吉大神・春日大神・戎大神の三柱を合わせまつっています。

昔は木田元宮公民館近く(木田元宮一丁目)にありましたが、この辺りが雨のたびに浸水し「お社が水に浸かって困っている。たとえ糠団子(ぬかだんご)を食べてでもいいから、水の浸からない高い所へ移りたい」と村人に神様からお告げがあり、江戸時代慶長年間(1596~1615)に現在の地に遷座と伝えられています。

住吉神社は、「ねや川戎神社」ともいい、「ねや川の戎っさん」と親しまれ、北河内周辺では伝統ある戎祭として、1月9日の宵(よい)戎、10日の本戎、11日の残り戎の3日間は、多くの参詣者で賑わいをみせています。

国府市指定文化財

お問い合わせ
文化スポーツ室
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号(市役所東館1階)
電話:072-824-1181(代表)
ファックス:072-813-0087
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2013年11月29日