現在の位置

熱中症にご注意ください

熱中症は、炎天下だけでなく屋内でも起こり、本格的な暑さが来る前は、体が暑さに慣れていないため、低い気温でも発生しやすくなります。また、高齢者と子どもは特に注意が必要です。

熱中症とは?

 高温多湿の蒸し暑い環境のなかで、汗によって体から水分や塩分が失われるなどの原因で、次のような症状が起こる病気です。

  • 筋肉のひきつれ(こむら返り)
  • 失神(立ちくらみの状態)
  • 体温上昇(体に熱がたまる)

  最悪の場合は、死亡することもあります。しかし、適切な応急処置により救命することができ、日ごろのちょっとした心がけで予防することも出来る病気です。

熱中症かな?と思ったら…「応急処置」

「熱中症かな?」と思った時は、まず、死亡する可能性もある緊急事態であることを認識して対応しましょう。重症の場合は、救急隊を呼ぶとともに、すぐに体を冷やし始めることが重要です。

応急処置

  1. 涼しい場所へ移動する。風通しのよい日陰、できればクーラーの効いている室内に退避させる。
  2. 衣服を緩めて、体から熱を放散させる。
  3. 体温をできるだけ早く下げる。
    ・露出している皮膚に水をかけ、うちわや扇風機などであおぐ。
    ・氷や保冷剤がある場合は、それを、首、脇の下、太ももの付け根に当てて、皮膚のすぐ下を流れている血管を冷やす。
    注釈:体温を下げる応急処置は、できるだけ急いで行う必要があります。重症者を救命できるかどうかは、いかに早く体温を下げることができるかにかかっています。
  4. 水分・塩分を補給する。
    冷たい水を与える。汗で失われた塩分も適切に補える経口補水液やスポーツドリンクなどが最適です。食塩水(1リットルに1グラム~2グラムの食塩)も有効です。
    注釈:ただし、「呼びかけへの反応がおかしい」「応えない」場合や、「吐き気がある」「吐いた」場合は、水分を与えるのは禁物です。

自力で水分が摂取できないときは、緊急で医療機関に搬送することが、最優先の対処方法です。

日ごろから心がけたい予防法

  1. こまめに水分補給しましょう。
    「のどが渇いた」と感じたときは、すでに軽い脱水状態が始まっています。「のどの渇き」で判断せず日ごろから、こまめに水分をとることを心がけましょう。
  2. 水分補給のポイント
    ・汗をかく前後に水分をとることが大切です(たとえば、外出する前と帰宅した時、入浴の前後、寝る前と起きた時など)。外出先や夜中にトイレに行きたくないから、おねしょをするからと言う理由で水分を控えないでください。
    ・水分補給には、水かお茶を飲みましょう。
    注釈:注意したい飲み物…牛乳(吸収に時間がかかる)、ジュース(糖分の分解でビタミンB1が不足し夏バテになりやすい)、アルコール(尿の量を増やすため水分補給には効果がない)。
  3. 炎天下で活動する場合は、薄手の白っぽい衣類を着て、日傘をさしたり、通気性の良い帽子をかぶりましょう。
  4. ノーネクタイにしたり、少し緩めの衣服で熱を放散しやすくしましょう。
  5. 家では、すだれやカーテンなどで直射日光を防ぎ、風通しを良くしたり、扇風機や冷房を利用して高温多湿を避けましょう。
  6. 睡眠を十分にとりましょう。

高齢者・小児の注意点/熱中症情報

 高齢者の注意点

  • のどが渇かなくても水分補給しましょう。
  • 部屋の温度をこまめに測りましょう。できれば、普段生活する部屋に温度計をおきましょう。

  小児の注意点

  • 顔が赤くないか、ひどく汗をかいていないかなど子どもを十分に観察しましょう。
  • 服装を選びましょう。汗の吸収がよく、通気性のある素材の衣類を選び、環境条件に応じて衣類を脱がせたり着せたりしましょう。
  • 水分をこまめに飲ませましょう。
  • 暑い日に外出する場合、身長の低い幼児やベビーカーに乗っている乳児は、大人より危険な状態になります。外出時は、特に子どもの様子に注意を払いましょう。

熱中症情報

厚生労働省 熱中症予防リーフレット(PDF:746.1KB)

環境省 熱中症~ご存知ですか?予防・対処法~(リーフレット)(PDF:946.9KB)

環境省 熱中症~思い当たることはありませんか?~(高齢者対象リーフレット)(PDF:1MB)

熱中症環境保健マニュアル2014

熱中症予防情報サイト

厚生労働省 職場における熱中症の予防について

大阪府 熱中症にご注意ください

お問い合わせ
健康推進室
〒572-8533
大阪府寝屋川市池田西町28番22号(保健福祉センター2階)
電話:072-824-1181(代表)
ファックス:072-838-0428
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年5月12日