現在の位置

食品ロスの削減

食品ロスとは・・・

食品ロスとは、まだ食べられるのに廃棄される食品のことです。

寝屋川市では年間約2,300トン(※1)の手付かず食品が可燃ごみに含まれていました。

なお、食品ロスは、国内で621万トン(※2)と試算されており、国民一人当たりに換算すると、お茶碗約1杯分(約134g)にあたります。

世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食糧援助量は約320万トン(平成26年)で、約2倍に相当します。

下の方法を参考に食品ロスの削減にご協力をお願いします。

 

※1 平成28年度ごみ質分析調査結果

※2 環境省「平成26年度推計」

可燃グラフ

環境省ホームページ(食品廃棄物等の利用状況等【概念図】)

消費者庁ホームページ(食品ロス削減パンフレット)

3010(さんまるいちまる)運動の実践

3010(さんまるいちまる)運動とは、宴会時の食べ残しを減らすためのキャンペーンです。

3010流れ

 

☆幹事の方に呼びかけていただく等の方法で、ご協力お願いします。

1.宴会始めのあいさつ時に、3010運動実施の呼びかけで、「乾杯後30分は料理を

  楽しみましょう。」と声をかける。

2.30分経過した後、歓談タイムに移行するための声かけをする。

3.終了10分前になったら自席に戻る声かけをして、「残さず食べ切りましょ

  う。」と呼びかける。

 

環境省ホームページ(3010運動)

食品ロス削減のための工夫

1 食材を「買い過ぎず」「使い切る」「食べ切る」

2 残った食材は別の料理に活用

3 「消費期限」と「賞味期限」の違いを理解

4 外食時での食べ残しを防ぐために

※詳細は「政府広報オンラインホームページ」参照

政府広報オンラインホームページ

お問い合わせ
環境総務課
〒572-0855
大阪府寝屋川市寝屋南一丁目2番1号(クリーンセンター5階)
電話:072-824-0911
ファックス:072-821-3349
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2017年8月15日