現在の位置

雑紙(ざつがみ)とは

~知らず知らずのうちに捨てていませんか?~

 
円グラフを見ると、家庭から出される可燃ごみの中には、まだまだリサイクルできる紙類が混入しています。

可燃ごみの日に捨てている「紙類」をさらに分別することにより、可燃ごみを減量できます。

雑紙円グラフ2

※平成28年度寝屋川市ごみ質分析調査より

1 雑紙とは

 ご家庭で不要になったチラシ、パンフレット、コピー用紙、包装紙、紙箱などで、以下のような紙をいいます。

主な雑紙

トイレットペーパーやラップの芯、紙パック、ティッシュペーパーの箱、お菓子箱等の紙箱、はがき、封筒、ダイレクトメールなどこれらはすべてリサイクル可能です!!

雑紙広報

2 雑紙を出す時の注意点

  • 大きさがバラバラの時は、揃えて紙ひもなどで縛ってください(細かいものは紙袋などに入れてください)。
  • 「ティッシュ取り出し口」や「窓口封筒」のフィルム部分は取り除いてください。
  • 「はがき」や「封筒」などに貼られたシール部分は取り除いてください。
  • 「ファイル」や「バインダー」などに付いている金属やプラスチックは取り除いてください。
  • 「紙箱」などに貼られた粘着テープは、取り除いてください。

 

3 リサイクルできない紙の一例 注意

~リサイクルできない紙は、可燃ごみの日に出してください~

  • 防水加工された紙
  • アルミ、ビニールコーディングされた紙、カーボン紙、宅配便の複写伝票など
  • におい、汚れのひどい紙(線香、香水、洗剤、入浴剤、石けんが入った箱、クリームが付着したケーキ箱、油のついた紙、食品残さなどで汚れた紙など)
  • 感熱紙(ファクス用紙、レシートなど)
  • 印画紙の写真、インクジェット写真プリント用紙、感光紙(青焼きコピー紙)
お問い合わせ
環境総務課
〒572-0855
大阪府寝屋川市寝屋南一丁目2番1号(クリーンセンター5階)
電話:072-824-0911
ファックス:072-821-3349
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2017年8月15日