現在の位置

ごみの分別と出しかた

ごみの分別と出しかたごみはつぎの種類に分け、それぞれ決められた出し方をしてください。

可燃ごみ(火曜日・金曜日)

対象品

燃やすことのできるごみ

燃やす事の出来るゴミの一例イラスト

品目例

台所ごみ・ふとん類・衣類(下着・靴下や汚れのひどい衣類)・タオル類・植木剪定くず・草・じゅうたん・ビデオテープ(ケースも含む)・カセットテープ(ケースも含む)・靴(金属部分が多いものは不燃ごみ)・かばん(金属部分が多いものは不燃ごみ)・マットレス(スポンジ)・汚れている紙類・スパイラルカットのシュレッター紙など。
注意:ふとん類、植木剪定くず、草、じゅうたんはなるべく金曜日に出してください(一度に2袋まで)
注意:ふとん類、じゅうたんは45リットルのポリ袋に入る大きさまで。それ以上のおおきさは臨時ごみに申し込んでください。
注意:剪定枝等は、太さ5センチメートル、長さ1メートル以内のものに限ります。

不燃ごみ(第1・3・5の水曜日)

対象品

燃えない、または燃やすことのできないごみ

品目例

電気器具・一斗缶・食器類・おもちゃ・植木鉢・プランター・バケツ・傘・電球・タッパウエアー・鏡・ガラス・ウレタン・CD(ケース含む)・刃物(かみそり等)・その他プラスチック類(商品として売られているもの)・鍋類(アルミの1人鍋含む)・板切れなど。

注意:大きさが縦40センチメートル×横100センチメートル×奥40センチメートル以上ものや、重さが10キログラム以上のものは、分解(解体)された場合でも臨時ごみ扱いになります。

注意:大きさが縦40センチメートル×横100センチメートル×奥40センチメートル以下で、重さが10キログラム以上のものは、分解(解体)された場合でも臨時ごみ扱いになります。

注意:割れ物・ガラス・刃物(かみそり等)・釘など危険物は、紙に包んで「危険」の表示をして別の袋で出してください。

注意:電池・ライター類はそれぞれ別々の透明袋に入れて出してください。

 

乾電池の分別収集

ごみの減量と資源リサイクルのため、家庭から出される使用済みの乾電池の分別収集を行っています。
集められた乾電池は適正に処理され、電子部品に再利用されます。
ごみの減量化とともにリサイクルの効果も期待できます。市民のみなさんのご協力をお願いします。
不燃ごみの日に他のごみと混ざらないように、乾電池だけを別の透明袋に入れて、各ごみステーションへ出してください。
ただし、ボタン電池やニカド電池等については販売店の回収ボックスに返却してください

缶・びん(第2・4の水曜日)

対象品

アルミ缶及びスチール缶のリサイクル識別表示マークの表示がある飲料水・食品が入っていた缶・びん

アルミ缶のリサイクル識別表示マーク画像

スチール缶のリサイクル識別表示マーク

品目例

アルミ缶・スチール缶・缶詰・ペットフードの缶類・おかきやクッキー等の菓子缶・びんなど。

注意:大きさは一斗缶の半分まで。

注意:リターナブルびん(生きびん)は販売店へ返してください。

注意:化粧品のびんや耐熱ガラスなどの異質ガラスは不燃ごみに出してください。

廃プラスチック・ペットボトル(週1回)

対象品(廃プラスチック)

プラスチック製容器包装の表示があるもので、中身を消費、または、 使用した後に不要となる容器・包装

プラスチックのリサイクル識別表示マーク画像

品目例

卵のパック・カップ麺の容器・シャンプーなどのボトル・食品トレイ・発泡スチロール・歯磨きチューブ・マヨネーズ等のチューブ・みかん等の保護ネットなど。

対象品(ペットボトル)

ペットボトル製容器包装の表示があるもので飲料用・酒類・みりん・しょう油及びドレッシングなどのペットボトル

ペットボトル製容器包装のリサイクル識別表示マーク画像

の表示があるもので飲料用・酒類・みりん・しょう油及びドレッシングなどのペットボトル

注意:廃プラとペットボトル(ラベルとふたを取って)は透明袋にまとめて入れて出してください。

注意:紙でできたカップ麺の容器や緩衝材があります。よく見て出してください。

注意:チューブや容器等の中身は必ず出してください。中身の入っているものは収集できません。

古紙・古着(週1回)

対象品(古紙)

紙類全般(汚れている紙類は可燃ごみに混ぜて出してください)

品目例

新聞紙・ダンボール・紙の衝撃材・雑誌・チラシ・牛乳パック・お菓子の外箱・ノート・メモ用紙・包装紙・封筒・トイレットペーパーの芯・縦切りのシュレッダー紙など。

対象品(古着)

古着類全般(汚れのひどい古着は可燃ごみに混ぜて出してください)

品目例

ワイシャツ・ジーンズ・ベビー服・パジャマ・背広・ズボン・スカート・上着・ジャンパー・ブルゾン・着物など。

注意:上記の品目は、可燃ごみでは収集出来ません。

注意:自治会・町内会・子ども会などで実施している「資源集団回収」に優先的に出してください。

注意:紙類と古着類は別々にして透明袋かひもをかけて出してください。

注意:下着・靴下・タオル類・毛布類は、可燃ごみになります。可燃ごみに混ぜて出してください。

また「資源物の持ち去り抑止のためのお願い」も合わせてご覧ください。

資源物の持ち去り抑止のためのお願い

分別拠点回収(随時)

対象品

スプレー缶・簡易ガスボンベ(カートリッジ式)・蛍光灯

注意:スプレー缶・簡易ガスボンベ(カートリッジ式)は中身を使いきり、袋などに入れずにそのまま回収かごに入れてください。

注意:蛍光灯は割らずに、買ったときに入っていたケースなどに入れ回収かごに入れてください。

注意:専用の回収かごは、自治会公民館や集会所、公共施設などに設置しています。(拠点回収を行っています。)

詳しくは下記の「蛍光灯・スプレー缶類の拠点一覧」をご覧ください。

蛍光灯・スプレー缶類の拠点一覧

拠点の問い合わせ先

環境部クリーン業務課 電話番号:072-820-7400

臨時ごみ(有料)の収集・処理(大型ごみ・引越ごみ・多量のごみ・着火装置のあるごみ)

対象品

  1. 可燃ごみや不燃ごみに出すことができない大型家具類(家庭用)
    注意:大きさが縦40センチメートル×横100センチメートル×奥40センチメートル以上のものや、重さが10キログラム以上のものは、分解(解体)された場合でも臨時ごみ扱いになります。             
  2. 引越しや大掃除などで出る多量のごみ
  3. 着火装置のある電気製品など          

 

品目例

タンス・ソファ・学習机・ベッド・自転車(子供用含む)・家具調こたつ・ガスコンロ(一口コンロ含む)・湯沸器・ガス炊飯器・引越しごみなど。

処理方法

次の2つの方法があります。

  1. こちらから収集に行く場合
    申込方法:年末年始を除く、月曜日~金曜日・祝日(土曜日・日曜日を除く)午前8時30分~午後5時の間に電話で予約してください。
    申し込み先:電話番号:072-868-5374
    料金:10キログラムまでごとに270円
    収集時間帯:午前に希望するときは、9時~11時午後に希望するときは、13時~15時
    注意:交通事情などにより、到着時間が変わることがあります。
    収集場所:随時戸別収集します。ごみは屋外の収集車両が入れる場所に出してください。
    収集日当日:立ち合いと料金の支払いが必要です。
    問い合わせ先:クリーン業務課 電話番号:072-820-7400
  2. クリーンセンターへ直接持ち込む場合
    受付日時:年末年始を除く月曜日~金曜日・祝日(土曜日・日曜日を除く) 午前9時~午後4時の間、随時受付しています。
    料金:10キログラムまでごとに130円
    注意:原則として2トンを超える車両やダンプ車(ダンパー式車両)での持ち込みは禁止です。剪定枝等は、太さ5センチメートル、長さ1メートル以内のものに限ります。市民と確認できるもの(免許証、健康保険証など)提示していただきます。
    問い合わせ先:クリーン施設課 電話番号:072-821-4039

家電リサイクル法

◯対象品目:エアコン・テレビ・洗濯機・衣類乾燥機・冷蔵庫・冷凍庫

 対象品の処分については、下記の「家電リサイクル法」をご覧ください。

 

家電リサイクル法

市では処理できないもの

  1. 市には処理責任がないもの
    産業廃棄物
  2. 法的に適正なリサイクルルートがすでにあるもの
    パソコン(本体、モニター):パソコン・リサイクル・システムがあります。製造メーカー又はパソコン3R推進センターにご相談ください。
    注意:パソコン3R 推進センターのサイトはこのページの一番下の「パソコン3R 推進センター」からご覧いただけます。
    カーバッテリー:カーバッテリー・リサイクルシステムがあります。「使用済みバッテリーリサイクル協力店」のステッカーのあるお店で相談してください。
    ピアノ:ピアノのリユース業者にご相談ください。
    消火器:消火器リサイクルシステムがあります。製造メーカーにご相談ください。
    自動二輪車、原動機付き自転車の部品:二輪車リサイクルシステムがあります。「廃棄二輪車取扱店」のステッカーのあるお店にご相談ください。二輪車リサイクルコールセンター 電話番号:03-3598-8075
    自動車(タイヤ、バッテリー、ドア、バンパ-、タイヤホイール等):自動車リサイクルシステムがあります。自動車リサイクル法に基づき処理してください。
    自動車リサイクルシステムコンタクトセンター 電話番号:050-3786-7755
    小形二次電池(小形充電式電池):ニカド電池・ニッケル水素電池・リチウムイオン
  3. 在宅医療に伴うごみ
    注射針等の鋭利なものや血液が多量に付着した感染症の恐れのあるものについては医療機関等に引き取ってもらうこと。
    注意:上記以外の可燃性のごみ(ビニールバック類・チューブ・カテーテル類・脱脂綿・ガーゼ等)については、丈夫な半透明袋などに入れ袋を密閉して可燃ごみに出すことが可能です。ただし内容物や付着物を事前に除去してから出すこと。
  4. 焼却、破砕等の処理ができないもの
    瓦、畳、金庫、ダンベル、鉄アレイ、バーベル、草刈機(エンジン付)、電気温水器、建築廃材、農機具、コンクリートブロック・セメント、発電機、タイヤ、フェンス、石・土・砂、風呂釜、物干し台(ブロック付)、プロパンガスボンベ、タイル、洗面台、ボウリングの玉、劇薬・劇物・農薬、食用以外の廃油、塗料、流し台、便器
    これらの処理は、寝屋川市の一般廃棄物許可業者または専門業者に御相談ください。

問い合わせ先

クリーン業務課

パソコン3R 推進センターのサイトへ

お問い合わせ
クリーン業務課
〒572-0855
大阪府寝屋川市寝屋南一丁目2番1号(クリーンセンター1階)
電話:072-820-7400
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2017年8月24日