現在の位置

ひとり親家庭医療助成制度のご案内

寝屋川市は、一定の条件のあるひとり親家庭の方が、入院や通院をして支払った健康保険が適用される医療費の一部に対する助成を行っています。

対象となる方

資格

寝屋川市に住民登録をされており、健康保険に加入され、65歳未満(65歳の誕生日の属する月の前月の末日まで)の方。65歳以上(65歳の誕生日の属する月の1日から)の方は、老人医療(一部負担金相当額等一部助成)に該当となります。

対象

次のいずれかに該当し、所得制限額内の方です。対象の方には、申請により、ひとり親家庭医療医療証(以下、「医療証」といいます)を交付します。

  1. 18歳に達して以降最初の3月31日までの子どもとその子を監護する父または母
  2. 18歳に達して以降最初の3月31日までの子どもとその子を養育する養育者

対象外

次の方は対象になりません。

  • 生活保護法による保護を受けている方
  • 中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律
  • 児童福祉法に基づく医療費の支給を受けている方
  • 児童福祉法第24条の2第1項に規定する指定知的障害児施設等に入院している方(通所している方を除く)
  • 全額公費負担を受けることができる方
  • 他の医療助成を受けている方

自己負担額

1 医療機関あたり1日500円以内で、月2日目(最高1,000円)まで必要です。ただし、入院・外来・歯科を受診の場合は、それぞれ自己負担額が必要です。

※ 1ヶ月の自己負担額の合計が2,500円を超えた場合は、申請により超えた金額を償還します。

所得制限額

扶養人数

父又は母及び養育者 両親のいない子どもの養育者

0人

1,920,000円 2,360,000円

1人

2,300,000円 2,740,000円

2人

2,680,000円 3,120,000円

3人

3,060,000円 3,500,000円

以降1人増えるごと

38万円を増加 38万円を増加

医療証の交付申請に必要なもの

次のいずれかの条件が必要になります。

  • 父・母・養育者が、児童扶養手当を受けていること

児童扶養手当の対象になるのは、概ね次のような状態にある場合です。

  • 父母が婚姻を解消
  • 父または母が死亡
  • 父または母が政令で定める程度の障害の状態
  • 父または母の生死が不明
  • 父または母が1年以上遺棄
  • 父または母が引き続き1年以上拘禁
  • 母が婚姻によらないで懐胎
  • 父母がいない(孤児)

児童扶養手当の申請はこども室になります。こども室でまず相談してください。

  • 遺族年金・障害年金(父または母の障害年金を含む)・労働者災害補償保険法に基づく年金など公的年金を受けている証明
  • 申請年の1月2日以降に転入された方(児童扶養手当を受けている方は必要ありません)

1月1日現在、住民登録されている自治体が発行する所得制限額以内の本人の課税(所得)証明書(市町村により名称が異なります)。

(注意) 所得がなくても証明書が必要です。税の申告をされていない方は、証明書が発行されませんので、税の申告を行ってください。1月1日から7月31日までは、前年度(前々年中所得)、8月1日から12月31日までは、今年度(前年中所得)の証明書が必要です。

例1)平成24年4月1日に寝屋川市に転入された場合

平成24年1月1日に住民登録されていた自治体が発行する、平成23年度(平成22年中)の証明書が必要です。あわせて、11月1日の更新前に平成24年度(平成23年中)の証明書が必要です。

例2)平成25年12月1日に寝屋川市に転入された場合

平成25年1月1日に住民登録されていた自治体が発行する、平成25年度(平成24年中)の証明書が必要です。

※申請受付は、各シティ・ステイション(旧各市民センター)ではできません。

医療費の払い戻し

次の場合は還付できます。申請に必要なものを添えて申請して下さい

1.大阪府外で受診したとき

2.子ども医療証を提示せず、健康保険証のみで受診したとき

3.治療用装具(コルセット・眼鏡(9歳未満))を作られたとき

  はじめに、加入されている健康保険に療養費の支給申請をしてください

  支給決定通知書が交付されますので、通知書と医師の意見書(指示書)と下記

  の「申請必要なもの」を添えて申請して下さい

4.一部自己負担額の支払いが、1ヶ月2,500円を超えたとき

申請に必要なもの

・ 領収書(受診者氏名、診療月日、保険診療点数、領収金額が記載されているもの)

・ ひとり親医療証

・ 健康保険証

・ 印かん(認印)

・ 振込口座のわかるもの(預金通帳など)

・ 装具を作られた場合  医師の指示書又は意見書と支払決定通知書

※領収書は原本が必要です。(領収書が必要な場合はコピーと両方お持ちください)

※申請は月単位です。数か月分をまとめて申請もできますが、医療機関に確認が  

 必要な場合がありますので、領収書を月単位にまとめ、なるべく1年以内の申請

 をお願いします。(申請受付は、診療月の翌月以降)

※払い戻しの申請は、市役所保険事業室医療助成担当窓口になります。

 各シティステーション(旧市民センター)ではできません。

 

問い合わせ  保険事業室医療助成担当(電話:072-824-1181(代))

お問い合わせ
保険事業室
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号(市役所議会棟1階)
電話:072-824-1181(代表)
ファックス:072-825-2170
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2017年2月20日