現在の位置

子ども医療費助成制度のご案内

こども医療費助成

寝屋川市は、子どもが入院や通院をして支払った健康保険が適用される医療費に対する助成を行っています

対象となる方

寝屋川市に住民登録があり、健康保険に加入されている、高校生世代(18歳に達して以後最初の3月31日)まで方

※平成27年7月1日より、高校生世代(18歳に達して以後最初の3月31日)まで拡大。

次の方は対象になりません。

  • 生活保護法による保護を受けている方
  • 児童福祉法に基づく医療費の支給を受けている方
  • 国等の公費負担により全額支給を受けることができる方
  • 他の医療費助成を受ける資格のある方(ひとり親家庭医療・障害者医療)

一部自己負担額

1 医療機関あたり 1日500円以内で月2日目(最高1,000円)まで必要です。 ただし、入院・外来・歯科を受診の場合は、それぞれ自己負担額が必要となります。

※ 1ヶ月の自己負担額の支払合計が2,500円を超えた場合は、申請により超えた金額を償還します。

申請に必要なもの

  • 子どもの氏名の記載してある健康保険証

※ 小学校就学前の児童がおられるご家庭は、所得証明が必要な場合があります  

  詳しくは保険事業室医療助成担当までお問合せください。 

申請場所

  • 市役所本庁(保険事業室(1)番窓口)

  月曜日~金曜日(祝日・年末年始除く)、第4日曜日 9時~5時30分

  • ねやがわシティ・ステーション(旧ねやがわ屋)
  • 香里園シティ・ステーション(旧香里市民センター)
  • 萱島シティ・ステーション(旧萱島市民センター
  • 西シティ・ステーション(旧西市民センター)
  • 東シティ・ステーション(旧東市民センター)

  月曜日~金曜日(祝日・年末年始除く)9時~5時30分  土・日は受付しておりません

  • 堀溝サービス窓口

  月曜日~金曜日(祝日・年末年始除く)10時~5時  土・日は受付しておりません

医療費の払い戻し

次の場合は還付できます。窓口まで申請して下さい

1.大阪府外で受診したとき

2.子ども医療証を提示せず、健康保険証のみで受診したとき

3.治療用装具(コルセット・眼鏡(9歳未満))を作られたとき

  はじめに、加入されている健康保険に療養費の支給申請をしてください

  支給決定通知書が交付されますので、通知書と医師の意見書(指示書)と下記

  の「申請必要なもの」を添えて申請して下さい

4.一部自己負担額の支払いが、1ヶ月2,500円を超えたとき

申請に必要なもの

・ 領収書(受診者氏名、診療月日、保険診療点数、領収金額が記載されているもの)

・ 子ども医療証

・ 健康保険証

・ 印かん(認印)

・ 振込口座のわかるもの(預金通帳など)

・ 装具を作られた場合  医師の指示書又は意見書と支払決定通知書

※領収書は原本が必要です。(領収書が必要な場合はコピーと両方お持ちください)

※申請は月単位です。数か月分をまとめて申請もできますが、医療機関に確認が  

 必要な場合がありますので、領収書を月単位にまとめ、なるべく1年以内の申請

 をお願いします。

払い戻しの申請は、市役所保険事業室医療助成担当窓口になります。

 各シティステーション(旧市民センター)ではできません。

 

問い合わせ  保険事業室医療助成担当(電話:072-824-1181(代))

お問い合わせ
保険事業室
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号(市役所議会棟1階)
電話:072-824-1181(代表)
ファックス:072-825-2170
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2016年4月1日