現在の位置

市の特産品

「甘藷(かんしょ)」

[出所:寝屋川市誌]
旧交野郡に属する本市の寝屋・打上地区への芋の伝わってきた年代は不明であるが、北河内地方では津田に次いでの産地と知られていた。明治初年の記録では「寝屋村二万九千貫、打上村八千五百貫、燈油村二千貫、大阪に出荷す、その味甚だ美なり」とあるから、古い歴史を有していたことがわかる。
当時、綿作と隔年につくったもののようで「寝屋の芋」といわれ、値も一段高く売れたという。その他の丘陵地はだいぶんおくれ、明治末年ごろ秦・太秦・三井・郡等の山手方面にはじまり、今次の大戦となるや主食代用品として急激に栽培面積がひろがり、西部の低地水田はもとより道路・空地・校庭まで芋畑と化し、都会地より買い出し客が押し寄せるという状態であった。終戦後徐々に食量事情の好転とともに、低地帯の芋作りは全く影をひそめ、昔のように山地方面のみに限られるようになった。さつま芋が主食の代用として供出制、配給制がとられたのは、昭和十四年からで、旧町時代の昭和二十四年度供出状況は、生産量十三万七千三百九十八貫(約五百十五トン)供出割当九万八百三十六貫(約三百四十一トン)であるから、自家保有三分の一である。昭和二十四年を最後に供出の必要がなくなり廃止となった。現在なお生産が続いているのは、丘陵地の寝屋と、量は減ったが打上の二地区ぐらいとなった。この寝屋地区では、「都市住民へ緑と太陽と新鮮な空気を供給し、もって農家経営の安定を図ること」を目的に、観光農園のいも堀りなどの場として利用されている。

 

いも堀り

  • 場所
    寝屋観光農園
  • 入園料
    個人:1株250円、団体:1株220円(200株以上)
  • 期間
    毎年9月の第3土曜日から11月初旬(いもがなくなり次第終了)

 

いも掘り風景

温州みかんジュース「鉢かづき姫」

温州みかんの中身だけを搾り、その果汁(100%)をそのまま瓶詰したジュースです。

温州みかんジュース「鉢かづき」

下記販売店ページをご覧ください。

特産品の販売店

銘菓「鉢かづきちゃん物語」

民話(鉢かづき姫)の発祥の地である寝屋で古くからつくられている甘藷(かんしょ)を使った饅頭です。「なみはや国体」の開催を期に創製されて以来、市民の皆様から愛されています。

銘菓「鉢かづきちゃん物語」

鉢かづき姫の物語

「大葉の里」(大葉ゼリー)

大葉(青じそ)は、市内の打上地区でさかんに栽培されてきた、市の特産品です。その大葉を使った風味豊かなゼリーです。かわいいパッケージも人気のお菓子です。

大葉の里

郷土銘菓「新寝屋川八景」

新寝屋川八景をイメージした、和三盆入りの落雁です。パッケージには八景の風景が鮮やかに描かれています。

新寝屋川八景

 

 

下記の販売店をご確認ください。

特産品の販売店

お問い合わせ
産業振興室
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号 (市役所本館1階)
電話:072-824-1181(代表)
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2016年7月4日