共働き家庭も安心サポート

バランスのとれた給食が中学校まで!生徒全員に完全実施

 

学校給食は小学校までという自治体もある中、寝屋川市では栄養バランスのとれた学校給食を中学校まで提供しています。
中学校給食は「冷たくておいしくない」との生徒の声を反映し、令和元年11月からは「おかず」の主菜を、保温性の高い食缶に入れて学校に運び、教室で取り分けることで温かい状態で提供できるようにしました。「温かくなっておいしくなった」と生徒にも大好評です!

働く子育て世代の負担を軽減!自主登校園制度を導入

自主登校
 

突発的な自然災害、事件・事故などが発生し、学校などを臨時休業にするか不確定な段階であっても、前日の夜までに保護者に通知し、子どもを預かる自主登校園制度を導入しています。
令和2年3月、新型コロナウイルス感染症の影響で市立小・中学校などが休校となりましたが、寝屋川市は自主登校園制度を実施し、共働き家庭をサポートしました。

土曜日も開所!午後7時まで留守家庭児童会

留守家庭児童会
 

共働き家庭などの小学生を放課後に預かる留守家庭児童会。寝屋川市は、市内24小学校の内、12小学校で、平日だけでなく、全土曜日も開所しており、待機児童はゼロです。
働く女性が増加する中、仕事と家庭の両立が難しくなることが課題となっていますが、寝屋川市の留守家庭児童会の開所時間は午後7時まで、長期休業中は午前7時30分から受け入れ時間を拡大する予定です。