現在の位置

新寝屋川八景

「新寝屋川八景」を制定しました

「寝屋川八景」が昭和61年9月に制定されてから20数年が経ち、寝屋川市の装いもまたその姿も、時間の経過にともなって大きく変貌しました。

市内に存在する愛すべき地域の有形無形の文化を再発見し、その付加価値を高めて、市民の郷土愛の醸成を図るとともに、その資源を市民共有のものとして認識し、わがまち寝屋川の魅力を市内外へ発信していくことを目的として、あらためて「新寝屋川八景」を制定しました。

延べ1万人を超える市民の方々の参加をいただき、応募作品と投票集計をもとにして選定委員会での審議、検討を経て、平成21年1月1日に制定しました。

今後も「新寝屋川八景」を身近に感じてもらえるように、市民参加型の活用を積極的に行ないます。

新寝屋川八景は「大阪ミュージアム構想」に登録されています。

大阪ミュージアム構想バナー

新寝屋川八景パンフレットダウンロード(PDF:11.5MB)

■「広大で自然豊かな」淀川河川公園

市民投票第1位であり、市民からの絶大な支持があります。総合的な施設として多目的かつ手軽に利用できるうえ、景観的にも市内の他には無い広大さが体感でき、季節によっては堤防上の茨田の堤碑(太間付近)あたりから眺める仁和寺鳥飼大橋に絡む夕照などのコントラストも素晴らしいものがあります。

■「木漏れ日溢れる憩いの場」寝屋川公園

丘陵地に各施設がバランス良く配置され、周囲を豊かな自然に囲まれている環境は素晴らしいです。緑の豊富さや、打上川などの自然と人工構造物との関わりも景観的に融合している点で独自の趣があります。

■「古の歴史・ロマンへの誘い」太秦高塚古墳

直径35メートル、高さ6メートルの規模。古墳時代中期後半(5世紀後半)では北河内域最大の円墳です。市指定史跡として市が整備を行い、日常的な管理も十分になされており、ビジュアル的にも350本以上の埴輪のレプリカの配置が美しさを引き立てています。

■「四季いろどりの散歩道」友呂岐緑地

「友呂岐用水路」と「二十箇用水路」の統廃合によりできた空地が活用され、昭和49年に市民のやすらぎと憩いの場として生まれ変わりました。さらに駅前の「せせらぎ親水公園」を関連エリアとしてまとめ、北は桜木町から、南は中神田町・下神田町へと市内中心部を南北に約3.5キロメートル貫く、総面積約4.8ヘクタールの緑地帯の一連の散策路は、春の桜をはじめ四季を通じての自然の美しさを体感できます。

■「近代的な駅舎との融合」萱島駅のくすのき

萱島駅の楠は、京阪電車のホームが高架になるとき、駅構内に取り込まれることになりましたが、地元の強い要望により、切られることなく末永く保存されることになりました。大阪府の「緑の百選」にも選ばれており、駅舎を貫くそのユニークな姿は全国的にも良く知られています。

■「香りの丘」成田山不動尊

昭和9年(1934年)に大阪の信者らが中心に、また京阪電鉄が後援となって千葉県の成田山新勝寺の大阪別院としてこの地に建てられました。風物詩となっている節分祭の豆撒き、七五三詣等には市内外からの来訪者が多数あり、また、関西屈指の交通安全祈願の信仰の聖地としても有名であり、その存在は広く周知されています。

■『寝屋川のえべっさん』ねや川戎

毎年明けに住吉神社で催される十日戎は「商売繁盛笹持って来い、寝屋川のえべっさんここだっせ」の掛け声で馴染み深く、京阪沿線中心に他市からも参拝客がやってきます。今回の選定では「住吉神社」という場所でなく、「ねやがわ戎」という風物詩、賑わいを取り上げることにしました。

■「故郷伝承・はちかづきの里」寝屋のまちなみ

お伽草子『鉢かづき』では姫の生家が「交野郡(かたののこおり)」と記されていますが、江戸時代の前期頃から「寝屋村」の地名が「長者屋敷」の地として文献に見られるようになります。お伽草子『鉢かづき』ゆかりの地である寝屋地区を「はちかづきの里」とし、市のイメージキャラクターである「はちかづきちゃん」にちなんだ、いわゆる「はちかづき伝承」を守り継承していきます。

■市内に点在するその他の市民共有の資源

「新寝屋川八景」とともに市民共有の資源として登録し、テーマ・目的に応じて積極的に活用し対外的にPRしていきます。

打上川治水緑地                        南寝屋川公園                         寝屋川墓地公園

神田天満宮  千年の大楠           春日神社  しいの社叢              八坂神社のくすのき  

石宝殿・高良神社                      高宮廃寺跡

南水苑町の桜並木              太間町の桜並木               三井団地の桜並木

アドバンスねやがわ             大念寺と行基みち

■寝屋川八景 ( 昭和61年 ~ 平成20年 )

○淀川河川公園            ○南寝屋川公園         ○寝屋川墓地公園            ○アドバンスねやがわ
○成田山不動尊            ○石宝殿                   ○春日神社  しいの社叢    ○神田天満宮  千年の大楠

お問い合わせ
文化スポーツ室
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号(市役所東館1階)
電話:072-824-1181(代表)
ファックス:072-813-0087
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2013年11月29日