現在の位置

高宮八丁遺跡出土櫂(たかみやはっちょういせきしゅつどかい)

高宮八丁遺跡出土櫂

【出土場所】高宮

【保存場所】埋蔵文化財資料館

(打上宮前町3-1中1番館1階)

櫂は長さ173.1センチメートル 、柄の直径4センチメートルの木製品で、弥生時代の遺品です。1986年 (昭和61年)に初町の高宮八丁遺跡から出土しました。

小型の丸木舟をこぐために使われたものと考えられます。

櫂の両端に水かきがある形は類例が少なくめずらしいものです。

地図

出土遺跡周辺の旧地形を復元すると、南側には古代河内潟(湖)が広がり、漁労や物資の運搬に舟が活躍していたと推察されます。

この櫂は、弥生時代の漁労道具や遺跡のようす、住んでいた人々の生活を考えるうえで貴重な資料です。

問合先 文化スポーツ室 電話:824-1181(代表)

地図情報

お問い合わせ
文化スポーツ室
〒572-8555
大阪府寝屋川市本町1番1号(市役所東館1階)
電話:072-824-1181(代表)
ファックス:072-813-0087
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2016年4月20日